[bike][klx125] 林道で迷う

画像の説明
支笏湖周辺林道に入ろうとしたら、6月に子連れの熊が目撃れたとかでゲート閉鎖中(ぉ。近所の別の林道に入って広さに感動。轍が酷かったけど、後で聞いた話だとここでエンデューロレースが開催されてたとか。林道の奥、5分くらい行ったところに展望台。入り口かなーり判りにくかったんだけれども、誰がくるんだろうこんなところに(うちみたいなの除く)、と、思いつつ、必死に熊避けの鈴を鳴らしながら、展望台にあがったり。
お昼に苫小牧行ってマルトマ食堂に行ったらえらい行列。マルトマ丼食う。
ツーリングマップルに掲載のある林道で、行きたい方向に抜けられる林道の適当に選んで入ったら、鹿いっぱいでてくる。キツネもいっぱいでてくる。どんどん轍の跡が怪しくなって草が増えてくる。不安になってGPSで位置確認すると、明後日の位置に。太陽はこれから傾き始めようかという頃合い。楽しい気分がいっぺんに吹き飛んで途端に不安になる。途中に派手な看板のある枝道があった事を思い出し(ちゃんとみてなかった)、そこまで引き返すことに。万が一違っても来た道をを引き返せばいいはずだよね、うん。と、自分に言い聞かす。
枝道まで引き返すと立派な看板。看板の林道名をみるとそっちが本筋だった。安堵しつつも若干日が傾き始めた。まだやや焦ったまま。すると不意に、道の真ん中に巨大な糞が現れる。えっと…熊?糞の上には車の轍が付いていて、そう新しいものでもなさそうだけれど、不安感急加速。そんなときに、林道に雨で土が流れ出して出来た大きな溝(深さ20cmくらい)を避けきれずブレーキかけたまま突っ込んでポテ転け。KLX125さんは安全のため転倒センサーがあって、転けてから暫くはエンジンがかからなくなる仕様。その仕様を何度も経験しているにも関わらず「エンジンかからねぇよ!」とすんごい焦る。下りだったので意味もなく押し掛けしてみたりして、またポテ転け。動揺がピークに達して、倒れたバイクを起こそうにも上がらない。自分に「おーちーつーけー」と言い聞かせて、倒れたバイクから荷物を一端降ろしてからバイクを起こし、荷物を積みなおしてちょっと一息付く。それからエンジンをかけると何事もなく動き出す。ちょっと遅れつつも宿に無事到着。
今回の旅での旅宿一泊目はこもれび。オーナーは京都出身。宿泊者はウチ入れて、大阪・奈良・兵庫×2。なんというオール関西。明日は併走しているパンケニコロベツ林道抜けてペンケニコロベツ林道で帰ってこようと思っていたら、ペンケニコロベツ側は工事のため閉鎖中とか事前に聞けて助かったりとか。襟裳岬の話がでて「あそこ遠いし付近に何もないよね〜」という話が出る。

[bike] ボアアップその後

エアクリーナー清掃したり、アイドル調整してみたりしたけれど、やはりエンジン始動後1分くらいの間、アイドルが安定しない&エンジンレスポンスがグデグデ&エンブレで時々アフターファイヤー。なんか旧車みたいだな(ぉ。安定状態に入ると、スロットルを捻ろうがエンブレかけようが全く問題無い。
推測するに、おそらくFIによる燃調のフィードバックがかかるのに少し時間が掛かる模様。4輪のECUは学習した燃調をそのままバックアップするみたいだけど、残念ながら廉価2輪モデルのKLXさんでは、一回エンジン切る度に初期状態に戻るっぽい。
さらに1分くらいかかるのは、燃調を決める大きな要素となるO2センサーの影響かも知れない。O2センサーがその能力を発揮するにはセンサ自身を300℃以上に暖める必要があるという。実際、エンジン停止してすぐにまたOnにした場合、十数秒でアイドルが不安定状態から安定状態へ遷移する様が見られた。
たぶんO2センサーからの出力が得られるまでの、補正前の規定燃料噴出量が薄いのかもしれない。今のところは少し暖機運転すれば問題無いレベルだけど、冬を迎えたら、インジェクションコントローラーの追加を考えた方が良いかもしれない。
さらなる低速トルクUPを狙っての、KLX140/Lのより長いエキパイへの換装もちょっと考えたけど、O2センサがマフラー側に付いているので、O2センサ付近の排気温度が下がるのも考え物かのぅ。
ま、マフラー自身を変えるのは最後の手段。五月蠅いマフラーは嫌い。まぁやるとしてもヤフオクとかで安く出物があったらの話かなぁ。そもそもパワー系の改造はもういいかなって感じ。ボアアップもどっちかというとパワーより高速乗れるほうがメイン。日常の足としても、市内の端っこ暮らしだと、阪高乗れないのは結構辛い。あとは舞鶴までの・・・。
あとなんとかしたいのは、上りでスタンディング姿勢がどえらく取りにくいので上りのガレ場とかすんごい走りにくい事。原因は恐らく、楽ちんポジションを狙ってのえらく前に配置されたステップ位置。コレをなんとか後ろに下げたい。カスタムパーツ供給待ちか。或いはハンドル換えてもっと前に出すか…。

2007年8月25日土曜日

[bike]北海道6日目:ラーメン
 パッチワークの丘に行くとパッチワーク終わってた.土の地肌が広がるばかり.親子の木だけ観て美瑛を後にする.
 旭川よりひまわりの里へ.役場に「太陽を味方につけた町」とのコピー,カッコヨス.
 「旭川と言えばラーメン」と言うことで,北海道では珍しく30度を越す夏日の中,ラーメンを食べに旭川まで戻る.とてもではないけど普通に美味しいけど汗だく.
 ラーメンつながりで前回店の前まで行きながら、時間が無くて入れなかったすごく胡散臭いラーメン屋まで、150kmほど走る.醤油ラーメンを頼むと,ツユが,粉末中華スープの元と醤油だけで出来そうなぐらい質素.しかし思ったほどは不味くもなくてさらに残念.
 高速に乗り,夕張>小樽へ.小樽でスープカレー食って口直し.銭湯でのんびり帰りのフェリーを待つ.