ローダウンしてみた

ローダウン可能なリンクガードを、ローダウン無しの設定で暫く使っていました。

軸の一部が入れ駒になっていて、駒を交換するとローダウン出来る代物…なんだけど、暫く使ってたら駒が噛みこんで抜けないんでやんの。

同じリンクガードを使ってる知り合いから、駒の抜き方について良い手段を聞いたので早速ローダウンしてみました。

Fastwayのリンクガードの入れ駒の抜き方(内から外へたたき出す)

ローダウンにより12.7mm下がるそうなんで、フロントも同じく下げたい所。

しかしFフォークの突き出しは既に6mmくらいしていて、ハンドルバーにあたらないようにめい一杯突き出しても+3mmの9mmまでしか突き出し出来ず。

結局、少し前上がりになってしまいました。

リアローダウンによる前上がりの結果

ロードでジムカーナやってたときは、旋回性上げるためにプリロード抜いてFフォークの突き出し増やして、とにかく前下がりにしてたんですよね。

なんで、10mmくらい前上がりになるから、曲がりにくくなるかな〜と思ってクネクネなコース走ったら意外にすらすら曲がれるでやんの。倒し込みが軽い。

プリロード掛けてさらに前上がりにしてみたら、どんどん倒し込み軽くなる。

ただやり過ぎると、バイク傾けてもそっからフロント外側へ逃げてラインが外側に膨らむし、そもそもフロントの接地感が希薄で真っ直ぐ走ってても違和感。

やっぱりやり過ぎ良くない。

オンロードとオフロードの違い

オンロード(ジムカーナ)だと、切っ掛けから前輪のグリップによるセルフステアでハンドルをストッパーまで一気に切らせて、バイクが自ら倒れるように倒していく感じなんで、前下がりの方が良く曲がる感じ。

オフだとフロントに荷重掛かりすぎると、むしろハンドルが重くて切りにくくなる(過去に経験あり)。そもそも前輪のグリップ期待出来ないし、バイクが軽いから倒し込みはボディアクションだけで十分倒れる。

けれど、F荷重控えめで曲がりやすい理由がイマイチよく分からない?


とりあえず、オンとオフでこうもセッティングの方向性が違うものかと、興味深かったです。

因みに12.7mmのローダウンは、殆ど実感できませんでした。(‘A`)

ま、ローダウンしない状態から前上がりのセッティングにしたら、ますます足つきが悪化するから、これはこれでいいかな…。

Betaのひみつ

ひみつって程では無いですが、同じ2st250/300ccのフルサイズレーサーのカテゴリ内で、他社(というかKTM/Husq/日本メーカー)と比較して随分コンパクトに感じます。

車軸距離やシート高など数値の上では大して違いないのにもかかわらず…、です。

今後のマシンセッティングの参考になるかもとも思い、いつものレタッチ能力を総動員して、画像ベースで比較してみました。

RR2T250 vs TE250i

前後位置は、スイングアームピボット軸で合わせています。赤がBetaで黄色(重なって橙色)がHusqvarnaです。

ライダー位置と重心の違い

意外だったのが、エンジンの三軸配置(アウトプット・メイン・クランク)の位置がぴったりと合致したこと。スイングアームの垂れ角も殆ど差が無く、一見すると同一のように見えます。

しかし、大きな違いと思われるのがシートの着座位置(シートの一番低い場所)とステップの前後位置。Husqvarnaがスイングアーム軸の上下一直線上に並べているのに対し、Betaは少しずつ後ろへオフセットしてます。また、ハンドルの引きもHusqより少し手前にあります。

エンジンを見ると、クランク軸からのびる直線はシリンダー角度を示していますが、吸排気経路に応じて前方に傾けたHusqvarnaに対し、Betaは真上に直立しています。

以上の違いから推測すると、Betaでは着座位置をやや後ろにオフセットしつつ、エンジンを直立させて重心もライダーに寄せてマスの集中化を図っているのかも知れません。

シリンダーを直立させるのは、ヤマハの4st(後方排気)でも見かけるので、一部でトレンドとなりつつあるのかも。

トライアル派生とモトクロス派生

トライアル的な動きするには、後輪を軸に動く事が多いから重心はなるべく後輪側に近い方が良いんでしょうね。

一方でモトクロス的なコーナリングスピードを追求すると、素早く「向き変え」するために、重心をライダーが積極的に振り回すべく、前寄りの重心が望ましいですかね?しらんけど。

それぞれのメーカーの得意分野をそのまま受け継いだ感じです。

HusqvarnaをBetaっぽく出来るか?

はい、要はコレがしたいんです。最初からBeta買えよ!って言われそうですが、Betaの2st250/300のエンジンウチは好みじゃない…というか、凄い苦手な特性なんです。

ハードエンデューロや、林道のトレイルランだとトライアル的な動き出来る方が良いんですよね。JNCC/WEXとかのクロスカントリーレースでは要らんけど。

バックステップがあれば変えてみたいところだけど、正直どうなんだろう?と半信半疑な気はします。

ロードバイクでもバックステップありますが、あれは重心を後ろにするのではなく、ライダーを前傾させてむしろ重心を前に移動させるための物なんですよねぇ。そうなっちゃったら本末転倒なわけです

バイク自体の重心はどうしようも無いですが、スプロケとチェーンコマ数変えて、チェーン調整を最小にして実質的なスイングアーム長短縮と、Fフォーク突き出し減らしてやや後ろ下がりにして…どうかなぁ。

高効率冷却液

RR50Factoryのクラッチ焼けについて、少しでも温度が下がらないものかと、高効率冷却液とか検討してみたんですよ。

自動車のクーラントって、基本的には凍らないようにエチレングリコール混ぜただけの「水」。防錆剤や消泡剤とかも入ってるけど。

このネタ書いた時に調べたことにより、一般的に使える物質で最も熱を保持する容量が大きいのは「水」ということが解ります。(重水とか液体アンモニアとかは除いて)

凍結防止のためのエチレングリコールなんて、水と比較(@80℃)したら熱容量で0.63倍、熱伝導率で0.39倍と、冷却水としては水よりかなり劣る。

某メーカーから「ヒートブ○ック」なるレース用クーラントが出てますが、ぶっちゃけエチレングリコール使わずに、ほとんど水だけで防錆剤や消泡剤を工夫して添加しただけ、ってのは容易に想像が付きます。

ただ殆ど水だと、流石にこれからの季節入れっぱなしは凍結が怖いので、凍結温度-12℃まであるヒートブ○ックプラスを買ってみたんですよ。

エチレングリコールの濃度をギリギリまで下げただけやん…。冷却強化剤とか胡散臭すぎる。っていうか消泡剤≒冷却強化剤って解釈なんじゃね?

ふつーのやっすい希釈用クーラントを、防錆効果が期待できる範囲での薄目(20%以上)で使ったら良かったような気がする…。ぼられた感。orz

ニーブレースさらに新調


剛性のなさに不安を感じつつ、今年からLEATT C-FRAMEからPODMX K4に変えて使用していたんですが、色々あったりで、本格的にバイク乗り始めたのは気温が下がり始めた10月頃から。本格的に乗り出すと、乗り終わると右膝に違和感や痛みが出る>平日の間にマシに>休日にバイク乗ってまた傷める…っていう繰り返しになりつつありました。

そして、この前の丸太祭りの後、とうとう平日もニーブレースが無いとまともに歩けない状態に…が、まだ続いています。毎朝布団から起き上がるのが、地味に難易度高い…。徐々にマシにはなってますが、まだもう1週間+α掛かりそうな感じ。どうにもニーブレースで右膝の補助をしきれて無かったようです。

確実?なのは、残ってるダメダメな靱帯引きちぎって新たに再建手術すればいいんでしょうが、1週間とは言え入院が必要ってのがねぇ…。色々あって入院できんのよね。さらにリハビリに半年かかるって言うし。

そんなわけで、手術以外の選択肢として最後の望みを掛け、ニーブレースをまた新調。

POD MX K8 2.0

同じPOD MXのK8 2.0。選んだ理由は二つ。

  • しっかりとした剛性があること(カーボン製)
  • サイズに遊びが無い事。

特に二つ目が重要で、K4はコストダウンのためにMサイズとLサイズが共用なんですよね。ウチの場合、K4のM/Lサイズはちょっと大きかったんです。

POD MX K4

膝の左右はパッドが付いていて調整出来るんですが、膝の上下、特に太もも側のホールド感が乏しかったんです。(写真で矢印の箇所) ベルトで締め付けられると言っても、元々フレームの左右幅に余裕が有る状態でベルト締めたところで、動きにくくなるだけでちっともフィット感向上せず。

K8ではMサイズとLサイズが別製品になっていて、K8のMサイズ試したところ採寸したオーダーメイドの如くピッタリサイズ。

健常者が怪我防止のために装着する分には、多少隙間が有っても良いのかも知れませんが、既に靱帯傷めてる場合の補助装具として使うならば、サイズ選択は慎重に行った方が良いように思います。

ちなみにこのK8、北米ではFDAから医療器具として認可を受けてるとか。残念ながら日本ではそうでは無いですが、コレで駄目なら、医者に処方箋書いてもらって、右足だけでも保険適用でオーダーメイド作って貰えないかなぁ…。


蛇足

LEATT C-Frame

ちなみにC-Frameだと、上側フレームはネジ止めで幅調整が可能。太ももをフレームでがっちりと左右から押さえてます。この点はLEATT優秀なんだけどなぁ。

参考までに、それぞれの重量測ってみました。

  • LEATT C-Frame : 860g
  • PODMX K4 : 633g
  • PODMX K8 2.0 : 680g

K8が「カーボン製で超軽量!」って謳っている割には、下位モデルのK4より重くて草。

仕様ではK8のほうが軽いことになってますが、パッドやベルト・膝カップなど全て装着状態だと逆転するようです。