[klx125] さようならKLX125

KLX125

売りに出していていたKLX125が引き取られていきました。引き取られていくKLX125を見ながら,ZXR400にしてもZX6Rにしても,自分でもびっくりするぐらい「以前の」になってしまったバイクに対して未練はあまりないっぽいです。
ウチにとっては色々な意味で,新しい扉を開く切っ掛けになってくれた良い入門機でした。ただ,本当に入門機でしか無くて,その先があまりに狭かったのが残念です。

[klx125][rr4t125lc] ギア比とトルク特性

データ大好きなので,ネットでかき集めたデータから色々比較してみる。
RR4T185LC vs KLX164

横軸が回転数,カラフルな斜め右上の線が各ギアの速度(km/h)との関係。黒線はトルク(50=1kgf・mで換算)。右端の赤い部分はレッドゾーン。
KLX164比でほぼ全域でトルクアップ。4500rpm以下の情報が無かったけれど,感覚的にはトルク増を感じられる。
6速ミッションで,低速側をほぼキープ或いはやや下回りながら,高速側が広がっている。見込み通り。
KLX164では「80km/h巡航で耐えつつ,緊急時にはなんとか100km/h出るよ。」って感じだったのが,100km/h巡航が楽々こなせるように。最高速アタックはナラシ中につきまだ未着手。
このままのギア比だと林道で低速側がちょっと足りない感は否めないが,ちょっと荒れた場所での再発進時でラフにクラッチ繋ぐと,エンストの心配よりもトルクが勝ってバイクが前に出すぎて発射しそうになるくらいトルクのほうが強い。クラッチ操作で十分カバーできそう。
RR4T185LC vs WR250R

ついでにWR250Rとも比較してみる。WR250Rは純正状態のデータなので,いじればまだ伸びしろがあるはずなんでちょっと不公平な比較。
さすがに高回転でのトルクは叶わないけど,5000rpm以下ではそんなに遜色なさげ?さらに車重が20kg近くも違うので,一定以下の速度範囲内では加速感も悪くない感じ。ま,負圧キャブなんでトルクがあると言っても,良くも悪くもマイルドですが。
しかし,こうやってみてみるとWR250Rって純正で150km/hは出そう?これだけギア比がロングだと,フラット林道でもギクシャクするような気が。国産メーカーのトレールって,基本的に街乗り・ロード至上主義で,ついでにオフロードも走れますよ,っていう方向性みたいです。WR250Rはかなり頑張って両立を目指したほうですけど,それでもロード性能優先のように思います。商業的にはそれが正しいとは思いますけど…ね。
参考サイト
DirtJapan.com 自転車/バイク ギア比計算ツール
TE125(RR4T125LCと同エンジン)用Athena製ボアアップキットのパワー特性
ボアアップしたKLX125(164)のデータ
WR250Rのエンジン特性(Motousa.comからの引用)

[klx125] ありがとうKLX125さようならKLX125

ふとKLX125から乗り換えようと思い立つ。これからKLX125の愚痴をつらつらと書きます。
<前19/後16というサイズとポジション>

最初は足付きも含めて小柄な車体がメリットになるかと思っていたんだけど,オフロードを本格的に乗り込むほどデメリットにしかならない事が分かってくる。径の小さいタイヤは,接地面で劣りグリップせず,障害物の乗り越えも不利。
身長170cmにとって窮屈なポジションのうえ,KLX125特有の事情として,前に配置しすぎているステップがまた最悪。スタンディングするにしてもコーナーで踏ん張るにしても,重心から遠く離れた前にあるステップが凄く使いにくい。
前すぎるステップはツーリングの時にも悪影響。椅子に座るような体制で一見楽そうで,実は上半身のほぼ全体重がおしりに掛かるもんだから,普通のオフロードバイク以上に尻が痛い。2012年シートになってかなり改善したけど,そもそもどっかりと座れるようなシートじゃないのでやっぱり痛くなる。
個人的な事情として,コース用のTE250と2台持ちとなると,タイヤが共有出来ないのも痛い。KLX125でレース出ていたときはまだしも,レース/コース走行用をTE250に一本化すると,たまに走る林道のためだけに19/16のオフロードタイヤを確保するのが邪魔。
→21/18のフルサイズかつ,重心位置にちゃんとステップのあるフレームが欲しい。

<バランサーのない振動の多いエンジン/変速比の狭い5速ミッション>

こちらはオフロード走行には殆ど不満にならないけど,ツーリングでの不満。
KLX125のエンジンには,通常の単気筒エンジンにあるはずの,クランク軸の振動を打ち消す為のバランサーシャフトが無い(コストダウン?)。さらにミッションが5速しかなくて,1速/5速の比が2.9程度と狭く,時速70km/hを超えるあたりから高回転&振動が非常に辛い。スプロケは14/44としているけど,これ以上ロングにすると下側が足りなくなるし,既にこの比率でオフロード走行は半クラを積極的に使わないとかなり厳しい状態。
→普通の6速で1速/6速の比率3.4程度,かつちゃんとバランサーのあるエンジンが欲しい。

そんなわけで,乗り換え対象として見回してみるが,これがまたなかなか希望に沿った物が見つからない。
<Kawasaki KLX250/Yamaha WR250R/Yamaha Serow250/Honda CRF250L>
国産デュアルパーパス

重過ぎる。以上。
今乗ってるKLX125やTE250で,だいたい装備110kgぐらい。そっから+20kgって米袋くくりつけて走るようなもの。ありえない。CRF250Lに至ってはそこから更に10kgとか罰ゲーム。ロードバイクとして見れば軽い方なんだけれども,でもロードバイクにしてはWR250Rであっても非力すぎ。いやいや,ロードバイクが欲しいんじゃないし。
WR250Rのサスペンションの足回りは,オフロード走行時にもとても良く出来ているという。エンデューロレース上位に,WR250Rの人も少なく無い。阪下の試乗でWR250R乗ったことあるけど,確かにサス頑張ってくれて走れるんだけど「重たい車体をヒッシにサスペンションが支えてる」感しかしなかった。
また軽量化にお金かけるのもちょっとなぁ…ということで,対象外。



<Yamaha Tricker>

Tricker
希望に対して良い線はいってるけど,まだちょっと重い。ミッションは5速ながらも1速/5速の比が3.5もあって実はかなりワイドミッション。
しかし残念ながら21/18のフルサイズじゃない。セローの21/18ホイールに換装してセロッカー!ってのもあるけど,シート高810と結局窮屈なのは変わらない。



<Honda XR230>

XR230
残念ながら既に現行車じゃないものの,21/18ホイールで装備122kgというのは魅力的。
空冷2バルブエンジンは上は回らなくても,下はしっかり粘るエンジン。トレッキングに最適。
ただ中古で探すと,わりと古い年式でも意外に値段が下がっていない。高年式だとデザインも悪くない(良い意味でホンダっぽくない)んだけど,低年式だと昔のホンダ臭がプンプンしてて却下。
悪くないんだけど,イマイチ踏み込めない。惜しい。



<Yamaha XTZ125E>

XTZ125E
125ccならどうだ?ってなことで。
ちょっとパワーが足りない感じなんでボアアップ必須っぽい感じだけど,10Lタンクは魅力的。でも5速で1速/5速の比3.0程度とKLX125とあんまり変わらない。ブラジルヤマハということもあり全般的にすんごいチープなのが…。
さらに調べていくと,ブラジル製造のXTZ125Eはもう手に入らなくて,いま手に入るのは中国生産になったXTZ125E。取り扱いもプレストじゃなくてよく分からない業者とか。Specも何故かダウンしてて12.3PS→9.5PSに。うわぁ…,ないわー。



<Yamaha WR125R>

WR125R
WR250Rの弟分?排気量減った分軽くなってる?と思ったら「WR250R:132kg/WR125R:133kg」っておーい,250ccより重いってどういうことなの。
正立フォークやら鉄リムやら,そこかしこから漂うチープ臭。輸入車なんで円安影響もあり安くない。WR250Rと比較したら,誰得な感じ…。
125ccである事以外に,全く意義を見いだせない製品…。



<Husqvarna TE125(2011〜2013)>

TE125
現行ハスクバーナじゃなくてイタリアハスクバーナ時代の。
またハスクかよ!って感じですが,いやいや侮れない。エンジンは前述WR125Rと同じ。つまりOEMエンジンに車体その他がハスクバーナ製で,こっちは117kg。
これでボアアップしたら文句なしな感じですが,最大の難点は「メーカーがもう保守しかやって無い」ということ。今のところ部品出てるけど,何時部品が無くなってもおかしくない感じ。
むーん,と思いながら,ヤフオクで入札しつつ落とし損ねたり(ぉ。



<GASGAS CAMI>

CAMI
迷走してきましたw。
レーサーではなくトレールという触れ込み。でもエンジンが中華メーカー設計の中華エンジンのOEM。「レーサーじゃない」に求める物は価格よりも耐久性なんですが,それが・・・ねぇ?
※GASGAS自体はスペインのメーカー。上位モデルはYamaha WR250FのエンジンをOEM供給受けて搭載。
そりゃまぁ250ccフルサイズ117kgで,足回りはWR250Rと同等以上?っぽいのに,WR250Rより安いってのは魅力的なんですが。
…とか言ってるウチに,GASGAS倒産したみたいです(爆)。



そんなわけで,新車選びは続く…。
2015/11/18 追記:GASGASの引き受け先が決まったらしいです。廃業にはならんみたい?

[bike] KLX150L

某店で輸入販売の予約が始まっていたとかで,KLX125の150L化の方向で改めて調べてみた。
ググってみたらぼちぼちパーツカタログ出てきたので調べてみたら,ハブ/フロントフォーク/スイングアームが違うばかりではなく,リアショック/リンク/リンクロッドも総取っ替え。KLX140Lのリアサスが使えないっぽいんで魅力半減(ショック長無視してとりあず付けるだけなら付くか…な?)。
さらに,KLX150LのF/Rホイールトラベル見たら,KLX125がF180mm/R180mmに対しKLX150ではF175mm/R190mmとか。フレーム同じだから仕方ないとして,ほとんど変わらんし。激しく跳んだり跳ねたりしたら底付き必須。最低地上高は300mmと高くなっているけど,タイヤでっかくなっただけでサスペンション性能は殆ど変わらんっぽい(というかKLX140Lのサス使えず,KLX150L標準のサスだと多分悪くなる)。
てな訳で21/18化の興味が一気に失せたので,おとなしく現状のまま乗ろうと思います。