バイクの軽整備向けの電動工具

なんだかんだと手持ちの電動工具が増えてきたのですが、その中でも一番出番が多くて使用頻度が高いのがこのセット、10.8Vの軽量なインパクトドライバー+1/4のソケットの組み合わせ。

軽整備だと精々M10くらいまでなんで、1/4のセットで十分なんですよね。

写真にあるタイプはマキタ インパクトドライバTD111(10.8V)というもの。普通の10.8Vだと大抵110N•mくらいのトルクですが、こいつはこのサイズながら135N•mもあります。

軽さが重要

10.8Vのインパクトってトルクも低く、安かろう悪かろうの向きで見られることもあります。でも、とにかく本体が軽い。マキタのだとバッテリー込みで1kg切ってるし、他社でもだいたい1kg前後です。

ちゃんとした(重くて大きな)インパクトは、それはそれで必要なんですがとにかく重い。「インパクトでないと緩まない箇所」以外にはなかなか使おうと思いません。

しかしこれだけ本体が軽いと、車体のあちこちにあるM5~M6くらいのボルトを緩めるのに大変使いやすい。また、このインパクトだとM10くらいまで余裕です。

「じゃぁ電動(ドリル)ドライバーは?」となると、最大30N•mくらいまでトルクが落ちるのでだいぶ足りない。あと「インパクト」だと持ち手にそのトルクの反動がこないので、やっぱり楽です。

そんなわけで、緩め作業にはやっぱりインパクトが最適。小径のソケット類を3/8で揃えている人はインパクトレンチ(先端が3/8ソケットになってるタイプ)でも良いかもしれません。

締め付けは?

基本的には普通のハンドル使って手締め。或いは、仮止めまではインパクトで。

マキタのだと強モード/弱モードの切替えあるんで、弱モードで仮止めorトルクいい加減で良い場所はそのまま本締めに使ったりしてます。

間違って全力でインパクトで締めたら、M5~M6のネジなんて余裕でちぎれるのでやめましょう。

6角軸からの変換はちゃんとしたのを買おう

6角軸から1/4への変換ですが、2〜3種類買っては捨てて無駄にしました。軸がブレブレなのが多く、次に1/4角ドライブの部分がゆるゆるでソケットが外れてしまうパターン。

6各軸から3/8の変換もありますが、そっちはさらに注意してちゃんとしたメーカーの買いましょう。インパクトの力に負けて折れるから。(1/4は先にネジが緩む)

おすすめはKTCの電動インパクトドライバー アダプター JBA3-65。ちょっと長さがある分、使いやすいです。TONEとかから出てるで奴でも大丈夫だと思います。

ドラム式洗濯機とオフロード用品

縦型からドラム式に変えて、かれこれ3ヶ月経ちました。日々の洗濯におけるメリットはもういろんなサイトで語り尽くされているかと思うので割愛。

ドラム式洗濯機がオフロード用品の洗濯に良かった

オフロード装備のジャージ・パンツに限らず、ヘルメット内装・ゴーグル・グローブ類も汗びっしょりになるんで、走行毎に洗濯してます。

まぁヘルメット内装やゴーグルは、洗わずに異臭を漂わせてる人もいなくな無いですが…。

今までの縦型洗濯機で、ジャージやパンツなどの「普通の衣類サイズ」はまぁまぁ洗えました。でも、ヘルメットの内装スポンジ、手豆の防止パッド、グローブ、ゴーグルとかの小物類が縦型ではさっぱりだったんです。

  • 小さなモノだと洗濯機の水の中を漂うだけで、もみ洗いにもこすり洗いにもならず、ちっとも汚れが落ちない。
  • 殆ど化繊なので、なかなか水に沈まないし馴染まない。
  • ヘルメット内装やゴーグル等のスポンジ類に至っては、洗濯機の中でほぼ浮いてるだけ。

時々洗濯機の中をのぞいては、浮いてるそれらを手で沈めてみたりしてたんですが、それでも汚れが落ちきらず、そして悪臭が…。とりあえず悪臭は、漂白剤つけ置きで凌いでました。

それがドラム式だと、水に浮こうが沈もうがお構いなしに「たたき洗い+もみ洗い」なので、それらの汚れがとてもよく落ちます。

漂白剤つけ置きしなくても、臭うこともなくなりましたし、なにより洗濯後の洗剤の匂いも殆ど残らなくなりました。(縦型では、すすぎもまともに出来てなかった模様)

ちなみに、ヘルメット内装やゴーグルはちゃんとネットに入れてます。

乾燥については「化繊コース」というのがあって出来るようですが、ヘルメットの内装で軽く試してみたら、熱で樹脂製のライナーが変形したので止めた方が良いです。(ぉ

洗剤自動投入機能による2度洗いモード

あと、これはドラム式に限らないのですが泥汚れ向けの「2度洗いモード」ってあって、洗剤自動投入機能と組み合わせて、自動で2度洗いしてくれます。

これも今までは「洗濯のみモード」で一度止めて、排水してからまた「全自動モード」で洗濯し直したりしてたので、大変助かってます。

ドラム式洗濯乾燥機デビュー

「おれは『洗濯物干し』をやめるぞ
ジョジョ──ッ!!」

はい、すみません、これが言いたかっただけです。「ドラム式洗濯乾燥機」買いました。乾燥まで全自動のやつ。

去年の春頃から、ずーーーーーーっと気にはなっていたんですよ、ドラム式洗濯乾燥機。電気屋の決算セール時期なんで、店頭販売でもまずまずの価格。

問題は搬入・設置がスペース的に可能かどうか?という所ですが、配達時に入らなかったら返金出来ると言われて一安心。結構大変そうでしたが、なんとか置けました。

今時のドラム式洗濯乾燥機

ドラム式洗濯乾燥機って、一般に市場で認識されるようになったのは2000年頃からで、登場からまだ20年くらいの比較的歴史の浅い家電です。

初期の頃は壊れやすかったり乾燥といっても生乾きが当たり前だったり、色々と課題があったようで。そして、そのあたりの対策が進んだのは、ほんのここ4〜5年だとか。
(まだちょっと課題はありますが…)

大きい割に実は扱える量は少ない

洗濯11kg/乾燥6kgと、一見、一人暮らしにしてはかなり大型のように見えますが実はそうでも無かったりします。

まず、乾燥まで出来るのは6kg。でも取説見ると「乾燥の質が不十分な場合は4.5kg以下にしてみてください」と、しれっと書いてたりします。6kgというのは本当に乾燥の限界量みたいです。

4.5kgっていうと、前使ってた小さめの縦型洗濯機の4.2kgと大して変わんない。一人だと2日に1回の洗濯でちょうど良いけど、4人以上の家族とか洗濯物多い家庭だと、1日1回でも足りないんじゃね?と。

メーカーも苦労して「一般家庭の洗濯機スペースに置けるサイズ」に収まるように設計してるんでしょうが、少子高齢化を狙ったのかそれ以上大きくするつもりも無いんですかねぇ。

洗車機の自給フィルタ

マキタのMHW080Dには、こういうストレーナーが付いてきます。

このメーカーのは60umメッシュなんですが、同じ形状のが色々なメーカーから出ているので、多分どれも同じだと思います。

因みに、工進のエンジン式洗浄機では、比較的汚れた水から自給するときはこういうディスクフィルターを使えって書いてあるらしいです。

で、このディスクフィルター、少々お値段が張るのですが、ここによると他メーカーでもっと安いのもある模様。

フィルタの細かさは、画像にもある通り130um。

フィルターは一つなじゃない

てっきり、ストレーナーの置き換えでディスクフィルターを使うもんだとばかり思ってたんですよ。

先のストレーナーが60umであることは、後になって気づき「なんだ、ストレーナーの方が目が細いかいのだから、ディスクフィルターいらんやん」って思ってました。

そして、某コースで洗車時に比較的汚いため水を使う機会があり、そのとき起こったのが「ストレーナーの目詰まり」。

酷いもんで、数分おきに水圧が下がり、その度にストレーナー洗ってました。

ディスクフィルターの優位性というのが「(ストレーナーより)目詰まりしにくい」ということ。つまりは「粗めのディスクフィルター通してからストレーナーを通す」のが正解だったようで。