錫製酒器で酒がおいしくなる?

お燗のおいしい季節になりました。アルミ製のちろりは持ってますが、錫製のちろりとか憧れはするものの、価格的になかなか手が出でません。

買いもしないのですが、ネットショップを回ってみたら気になる一文が…。

「錫の効果でお酒がおいしくなります」

…は?

ん〜、いまいち理屈が分からない、うさんくさい。根拠らしい物を探ってみたら、

googleで”錫 フーゼル油”を検索

なにやら錫がお酒に含まれるフーゼル油という、おいしくない成分?を溶かす/分解するから…という理由らしい。でもどうやって(科学的に)溶かすのかはどこにも書いてない(笑)。

フーゼル油というのも初耳ですが、これ自体は偽科学では無く、醸造時に発生する特定のアルコール成分(非エタノール)の総称を指す模様。科学的に物質も特定されています。

中には「錫が持つ高いイオン効果により」とか書いてるものもありますが、イオンとか言い出したらますます胡散臭い。

錫が酒造りに効果があるという根拠

さらに探っていくと、一定の科学的根拠らしい特許文献を発見。

醪あるいは粗留液中に銅、錫、亜鉛、鉄、銀、鉛またはこれらを含む化合物、混合物、合金を添加し蒸留するかあるいはその蒸留に際して発生する蒸気の通過する場所にこれらの物質を懸垂し接触せしめるときは醪あるいは粗留液中に含まれる不快臭発生の原因となるものは上記の物質に化合または吸着、吸収されて流出されない形となって除去せられるために不快臭なき優良な蒸留酒を得ることが出来る。

蒸留酒の品質改良法 特公昭40-004431/特許0450879 より

「吸着・化合」というのなら理解できます。「分解」となるとそれは触媒としての効果になるので、錫じゃぁちょっと違うと思うんですよね。そもそも分解されたあとの物質はどうなるのよ?と。

焼酎造りの一部では実際に取り入れられており錫蛇管で検索すると、実例が出てきます。

とは言え、特許の中身で示された判定方法は「5人の判定人による官能試験」という単純盲検のみで、二重盲検では無い。科学的な成分調査もなし。

そしてフーゼル油の言及もなし。フーゼル油説は一体どこから出てきたんだ?

ちょっと根拠に弱いんですが、けっこう引用されてるんですよね、この特許。

錫製酒器には効果が・・ある?

じゃぁ、錫製酒器でおいしくなるのは本当か?というと、まだそうともいえない。

上記の特許でも述べられているとおり、蒸留中に高温の蒸気を金属に触れさせることが肝となっています。お燗のように、たかだか50℃〜60℃程度の状態で器に注いだくらいで効果が出るのか、というと甚だ疑問です。

また「吸着・化合」ということは、表面に「おいしくない成分」が貯まっていくわけです。普通に洗ったぐらいでとれません。簡単に取れるくらいなら、逆に「おいしくない成分」が流出してしまいます。

焼酎造りの錫蛇管は、5〜6年ぐらいで交換しているそうなので理にはかなってます。能力が落ちるとかそう言うのでは無く、蒸気熱で錫蛇管自体が変形してしまって、管が詰まって使い物にならなくなってしまう事からの交換とかで。

結局のところ錫製酒器はどうなのよ?

科学的に調査した結果が見当たらないし、反応を促すにしても一般的にお燗の50℃~60℃というのはあまりにも温度が低すぎるし、個人的には「プラシーボじゃね?」と。

ただ、錫製酒器、かっこいいです。加工による独特の文様やら、その比重による重厚感とか。

あと気分的においしくなるとは思う。

アルコール

昔から定期的に「アルコール」そのものが不味く感じて呑めなくなる期間があって,いつもは一ヶ月もしないくらいで何も無かったかのように元に戻るのが,今回はえらく長期。
ここ三ヶ月くらい続いていて,ほとんど呑めなくなって,2〜3日に1回一口舐めては「不味…」という確認をする日々。
流石に不安になってきたんで,凄い不味いんだけど1日1杯無理矢理呑むようにしてたら,ちょっとづつ美味しく感じるようになってきたけど,ナンカチガウ気がしてきた。
ちなみに健康診断では,全ての数値が至って健康。

日本酒と遮光について

正月から何やってんだ,ってな感じです。一般的に「日本酒は日光に当てると味が変わる」と言われていていて,薄暗い方がいいとか紫外線カットの特殊ビニール包装とか有ったりするんだけれども,そのメカニズムを知らないもんだからどうにも懐疑的で胡散臭さを感じていたんで調べたい病が疼くもんでまとめてみた。
「日光で味が変わる」メカニズムについては次が詳しい。『清酒のにおい・かおりとその由来(その 2)(きた産業)』によると,いわゆる旨み成分であるアミノ酸の中には紫外線に反応して分解される成分があって,その結果不快な臭いになるとのこと。このあたりは,アミノ酸を多量に含む同じ醸造酒であるビールやワインも同じかと。ちなみに有機化学では,光化学反応を起こすアミノ酸がある事は結構常識っぽかった。アミノ酸の蛍光反応を応用した論文がワサワサ出てくるし。
一方で「ガラスって普通に紫外線カットじゃなかったっけ?」という疑問。一般的にはUV-Bについては透明な並ガラス(ソーダ石灰ガラス)でもほ100%ぼカット。UV-Aの遮光率ついては『容器に求められる遮光とは?(東静容器株式会社)』が詳しく,ざっくり言うと「透明や青色はダメ,緑色はかなり大丈夫,茶色の瓶なら問題無い」って感じ。ビール瓶が茶色なのも,ちゃんと意味があるわけで。
現状流通している製品でも意匠性を狙ってか,透明や青色の瓶を使ったものも少なく無い。今さら茶色瓶での流通を増やしたところで,理解した上で茶色瓶を光の当たる場所に陳列していても「日本酒は日光に当てたらダメなんだぜ(ドヤァ)」って人たちからすれば「この店は日本酒の取り扱いがなっちゃいない!」ってなるんだろうなぁ…。
酒店側としては,日本酒って他の酒類と比較して扱いにくい商品だと思う。保存に手が掛かる割にブームにもなってないので売れ行きもそれほど期待できないし,一升瓶がメインだから一見のお客さんのハードルも高い。まぁ今よりも流通量が減らなければ,個人的には困らないけれどねぇ。

白瀑ブルーハワイ

白瀑ブルーハワイ
行きつけの酒屋で見かけた変わり種。ラベルのだささが良い味出していますが,れっきとした日本酒で,純米吟醸の生酒だったりします。
瓶が青いのではなくて,中身が本当に青い。着色料を使っているので,酒税上は清酒ではなくリキュール扱いとか。着色料も,通常の着色料ならば舌に色が残るのにガリガリ君を食べても舌が青くならないのに注目して,同様に色が残らない天然系の着色料を探してきたという変なこだわりっぷり。
中身の方は,香りは控えめ,味はしっかり系だけど癖がなくて,良い意味で日本酒っぽくない感じ。こういうお遊びっぽいのもあって良いと思う。