TE250おさらい

TE250からTE250iに乗換えたのですが、”TE250″という型番のバイクは、各社で被っているのでそのおさらい。

Husqvarna(Italia) TE250(2003-2014)

スウェーデン発祥のハスクバーナから、2輪部門だけをイタリアのCagivaへ売却された時からの流れのイタリアメーカー製。

ウチが前乗ってたのがコレ。

元々は2stメインだったけど、最後の十数年は4stメイン。TEがなんの略かよく分からないんですが4stです。

2010にはX-Lightって言う4stエンジンにしては最軽量?のエンジンを新規設計で出してきて話題にもなりましたが、フレームはどっちかというとオフ車にしては直進性が強く、モタード向きだったかも知れません。

Husaberg(sweden) TE250(2011-2014)

ハスクバーナ2輪部門がCagivaへ売却された時に、イタリア行きを拒んだ社員がスピンオフしてスウェーデンに作ったメーカー。

元々は4stばっかりで、その後KTMに買収されKTMの2stエンジン積むようになったのがこのTE250。

Two Enduroの略らしい。因みに4stはFour Enduro。

Husqvarna(austria) TE250(2014-2018)/TE250i(2018-2019)

KTMがイタリアHusqvarnaを買収してぶっ潰して、傘下のHusabergの看板付け直したのが今のTE250。

2014モデルなんて、Husaberg TE250のカラーリングとロゴをHusqvarnaに変えただけ。

実質的には、Husaberg TE250の現行モデルであり、スウェーデン発祥のハスクバーナの流れも汲んでいるから間違ってもいない。

 

 

ありがとうイタリアンハスクTE250

TE250
TE250の最後の雄姿。
台風来ていて警報出ている中走ってたのもアレですが。
このあと,阪下で走っててアクセルあけたら突然の回転数低下。そのままアクセル閉じたらエンスト。そしてセルもキックも下りない状態に…。

画像の説明
そして,接着剤のCMみたいなことになったクランク。コンロッドはこの角度からびくともしない。
コンロッド大端ベアリングあぼーん。ちらばった破片は,主にシリンダーとピストンも攻撃してあぼーん。
そして,この年式は部品でねぇ。


振り返り

2011/9
2010モデルを中古で購入。レース使用形跡有り。この時点で既にやばい。
2012/9
長距離ツーリング後,点検のためにバイク屋へ預ける。
二ヶ月以上待たされて,クーラントがエンジン内に漏れてたとかで,ウォーターポンプ交換,…したけど直ってない。
2012/12
カウンターシャフトに異常見つけて,自分で腰下フルOH。ついでにベアリング交換。
イタリアハスクバーナがKTMによる買収&解体の混乱で,しばらく部品出ず。
しばし休眠状態へ。
2014/10
カウンターシャフト入手により,再び腰下開けて交換。復活。
2016/2
1年経ったんで腰上OH。ピストン摩耗により交換。ウォポン交換。水漏れやっと解決。
2017/5
低速不調により腰上開ける。 シリンダー傷発見、オイル上がり発覚。
2017/11
コンロッド大端焼付きにより終了。

5月にシリンダー傷見つけたとき,また自分の整備不手際で小石でも入ったのかと思っていたけれど,既にこの時から大端ベアリングの崩壊始まっていて,その破片がシリンダーを傷つけた可能性高し。
腰上開けたときに,コンロッドのガタをちゃんと確認してなかったのが敗因かな…。ずぼらして,エンジン下ろさずに車体に乗っけたまま腰上だけ開けたもんだから,腰下の状態殆どちゃんと見てなかったわ…。

[race][te250] 鈴蘭高原スキー場(廃棄)


下見時のヘルカメ画像から。5分あたりからの下り,見た目ほど怖くないけれど太ももぱんぱんになって辛い。
画像の説明そんなわけでリザルト。90%の壁がなかなか越えられない…。(‘A`)
2月の阪下で膝の靱帯傷めてから3ヶ月ほどバイク自粛してて,その後初の復帰戦だったけれども筋肉も体力もからっきしダメに。
1周目でバイクと接触してから,フロントブレーキ握るとスカスカ。Fブレーキキャリパーみたらフルード吹いてるし。
ブレーキホース切れたと思い「あーコレ終わったなー」と思いピットインし,ダメ元で出店ショップの人に「ブレーキホースの替えとか無いですよね?」って訊いたら隣のハスクバーナブース紹介してくれて,見て貰ったら接触時にパンジョーボルトが緩んだだけ。その場で締め付けとブレーキフルード補充してもらってブレーキ復活!ありがたやありがたや。
あとで某ブランドのそのブレーキフルードちゃんと買いましたよ。355mLで¥1,900…,高いのは分かるけどブースの人が「コレぼったくりだなぁ…」って言いながら売るのヤメテw
もう順位とか無理ぽだけど,ラップタイムだけでもと頑張って見るも全然ダメ。まだまだしょーもない転倒が多いし,アクセル開けられるはずの場所でバテて開けられてなかったり…。
膝はまだ歩く時に違和感あるけど,ニーブレース付けている限りレース中も問題無し。8月の次戦までには体力戻さないと…。

[te250][bike] 豆腐メンタル



「雨だった」とか「エンジン不調だった」とか,言い訳は付くけれども結局のところ手を抜いただけ。順位は上がってもTopとのタイム差は嘘をつかない。
後になってじわじわと後悔。
90クラスまでは「なんとなく頑張ってミスなければ」で表彰台上がれたけど,120クラスは自分のウデじゃ,まずは120分間目を三角にし続けなければ上には上がれないと改めて気づく。