サブライト追加

ナイトレースに向けて、サブライトを増設しようと思いまして。

取り付けたのはこちらのライト。全く同じ物が他のブランド名で、だいたい同じくらいの値段で出回ってます。中華製品あるあるです。

Safego 10W LED作業灯 CREE製 丸形 狭角 ワークライト 6000K 12V-24V対応 LED車外灯農業機械 オフロード車両や公園 庭の照明など フォグランプ ホワイト 2個

参考にしたのはこちら。

記事ではセローの三叉のクランプボルトに、エーモンステーを介して共締めしてますが、RR4T125LCだとクランプボルトが横からでは無く前から締める構造で、同じようにはいかず。

結局、Zetaのハンドガードの留めボルト部を使い、L字プレート介して留めました。

このライト、思ったよりは明るかったです。ただ、レビュー内容を読み進んでいくと、どうにも熱対策がいけてない模様。

そんなわけで開けてみた。

ん〜、Amazonのレビュー写真では、基板がネジ止めされていたのに今では隅っこを接着して固定してるだけとか。

所謂、中華流の「カイゼン(劣化を伴うコストダウン)」ですね。

これは間違って買った広角レンズのタイプなんですが、こちらは申し訳の接着すらしてない。さらに「カイゼン(中華流)」が進んでいるようです。

  • スポット1 電源用コイル
  • スポット2 チップLED
  • スポット3 基板表面

温度測ってみたところ、詳細は割愛しますが、この状態(外気温25℃/レンズ外して開放)でほぼ100˚Cっていうのはだいぶアカン感じ。

そんなわけで、基板裏に放熱用シリコンボンドを塗りたくります。
(写真は先の狭角タイプの基板ではなく、広角タイプの方の基板)

割と安心できる温度域まで下がりました。

……と思ったのもつかの間、2つ取付けたウチの一つがいきなり突然死……と思ったら、また付いたり。

ん〜、大丈夫か?これ。

穴付きボルトのはなし

一般的なオフ車のブレーキローターの固定は「M6/14.7N•m/ネジロック塗布」なんです。しかし、125LCの場合このM6がボタンボルトでいけてない。

普通の六角ボルト(クロモリ製/強度区分10.9として)なら、19N•mあたりが降伏トルク(ネジが変形する限度)なんで、14.7N•mってのはやや厳しめながら許容範囲。

だけど頭が普通のボルトではなく六角穴だと、ボルト自体より六角穴の方が先に、締め付けトルクより前で変形してしまうんですよね。

しかも、ボタンボルトだと通常のキャップボルトよりもさらに細い⬡4mmなんで、保証トルクは最大7.34N•m。全然足りない。

で、無理くり締めるんだけど、ちょっと変形しながら1回は締められる。で、次に1回緩めたらさらに変形して使い捨て。

緩める時もヒートガンで炙ってネジロック剤緩めないと、十中八九なめてしまう。面倒&不安要素だらけ。

そんなわけでトルクスのM6ボタンボルトはどうだろう?って見てみたら、トルクス部としての最大許容トルクが31.1 ~ 37.4N•m(T30)ってほんとかよ…。

2019/12/27追伸:
トルクスボタンボルトで締めたら、15Nなんて余裕でした。ただトルクス穴が浅くて掛かりが浅く、それはそれで下手な締め方すると舐めそう…。

スプロケットのM8

実は同じ事がスプロケット止めてるネジにも言えて、通常は「M8/35N•m/ネジロック」な感じなのに対し、M8皿キャップだったりすると、規格では六角穴が⬡5mmで最大17.93N•mまで。これも全然足りない。

で、世の中には⬡6mmのM8皿(テーパー)キャップなんていう物があって、これなら35N•mで締め付け出来るんでそっち使ってます。

まぁ、DRCのスプロケットテーパーボルトって言うんですけどね。ただ、DRCの品質っていまいち信用ならないんで、汎用品で同じ物無いか探してるんですが、これが見つからない…。

ミナレリ水冷125ccエンジンのクラッチ

Beta RR4T125LCのクラッチの、互換部品情報。

誰得な感じの自分向けメモ。

因みに、対象は後期型エンジンのみです。違いは以下参照。それぞれでクラッチバスケットの径からして違うので、全く以て互換性無し。

前期型・ジャダースプリングあり
後期型・ジャダースプリング無し

フリクション

  • Newfren F2685AC(スチールプレートセット)
    • CRF150F用。エンボス入りの強化プレート。
    • 2019現在、欠品中らしい?
  • EBC CK1119
    • スタンダードグレードだけれども純正品よりは耐久性ありそう
    • amazon.comでも、日本向け発送で買える。
  • Yamaha 50C-E6321-0000
    • ヤマハ純正品。国内で入手可能。
    • 耐久性はリプレース品に及ばなさそう
  • Kawasaki 13088−0040
    • たまたま手持ちのKLX125用見てみたら寸法同じ。
    • KLX125もよくクラッチが焼けるので、耐久性それなり。

スプリング

  • EBC CSK208(実物は未確認)
    • WR125R/YZF-R125用のスタンダード
  • EBC CSK212(実物は未確認)
    • CSK208の強化スプリング版
  • EBC CSK24
    • CRF230F/KTM125SX用で6ヶ入り。
    • CSK208/212が入手出来なかったので、こちらを買って使ってた。
    • 8.83N/mmのハイレート品らしい。

サバイバルin広島

こちらの記事を覚えてないでしょうか?

エンデューロ

当時はG-NETテージャスランチ戦。今の名は「サバイバルin広島+IRC G-NET」という名前。

当時は「ちょっと憧れる」「でも絶対無理…」なんて思ってました。

あれから7年もオフ車に乗り続けてる訳ですが、とうとう、その動画のレースに出場してきました!

結果から言うと、完走ならず1週の半分超えたぐらいでTimeOut(3時間)によるDNF。

しかし、コースは大変素晴らしい設定で楽しめました。

G-NETは国内最高峰にあたるHardEnduroですが、サバイバルin広島(以下サバ広)の素晴らしいところは「エスケープが設定されている」ということ。

一見「ふえぇぇ無理」みたいなところでも、よーく見回すと難易度の低いラインが遠回りながらもちゃんと有るんですよね。

お陰でウチみたいなレベルのライダーでも、なんとか進めました。

残念だったのは当日が暑すぎて、熱中症にならない様に休んでるウチに時間が来てしまったこと。

次は体を暑さに慣らしてから、また望みたい…そう思えるレースでした。

国内の古い草エンデューロは「競技」というより、主催者側が「どうだ!難しいだろう!ヒッヒッヒ」っていう、ただただ意地悪な設定が多かった様に思えます。

その結果が「トライアルバイクで出たら楽勝やん」っていうコース設定で、人がただもがいてたりバタバタしているだけだったり…。それはそれでお祭りとしてはアリなんですけどね。

しかし最近は、競技として成立させる為に、色々な試行錯誤や趣向を凝らしたエンデューロレースが増えてきている様に思います。とても良い傾向で有り難いばかりです。