TE250iちょっとだけフロントローダウン

今うちのハスクは、Fastwayのリンクでリア側を12.7mm下げています。まぁ「アシツキガー」です。これはこれで満足なんですが、そのままだと後ろ下がり/前上がりになります。

で、フロント側、フォーク突き出しで合わそうとしても12.7mmはちょっと無理なんすよね。フォークトップとハンドルバーの隙間が狭くて、ふつーにやると6mmくらいまで。

それをハンドルバーギリギリまで攻めて9mm突き出してたら、PHDS(ダンパー入りハンドルクランプ)入れてるせいで、暴れたハンドルに当たってフォークトップ破損したし…。

プリロードアジャスター使って、突き出し相当量を0~6mmまで比較して試走もしてみましたが、あんまり違いが分からなかったんで、そのままにしていました。

コーナーでの倒し込みのつらさ

実際感じてはいたんですよね。

まぁそういうバイクなんだろう・自分の技術が未熟なだけ、と勝手に納得してました。で、ある日、GASGAS(中身はほぼKTM/HusqのMY21)の試乗会で乗ってみたら、まぁなんて素直なハンドリング。

今頃になってようやく「なんか自分のハスクおかしいぞ?」と気づいたわけです。

ちょっとローダウンしたいねん

フロントのローダウンキットを探すと、国内ではZETAとTechnixから出ています。ZETAは30mmダウン、Technixは30/40/50mmダウンが出来ます。

いやいや、そんなに下げたいわけじゃ無いし…と、海外を探してみても20mmダウンとか、わりとZETAのが海外でも実績があったりとかで、10~15mmくらいのダウンキット…てぇのがなかなか無い…というか需要無いんでしょう。

無いなら作るしか?

ZETAのほうは小さい方のパーツが結構凝った作りをしてますが、Technixのほうはただの「筒」。しかも30/40/50mmダウンに合わせて、組み合わせるパーツを替えているので「どこをどう変えれば長さが変わるのか」が、とても良く分かります。

そんなわけで、Technixのキット買って、15mmになるように新たに筒パーツの図面引いて、某八尾のカスタムパーツ屋さんに加工して作って貰いました。

組み付け

テクニクスの説明書。いやいやいや、これサスの構造があらかじめ分かってる人にしか分からない。むしろ、分からない人はやるな、って事なんでしょうね。

WP Xplor 48の分解については、Youtubeにいくつか動画が上がってるのでそれを参考にすると良いです。MY18以降?のプリロードアジャスター付きのフォークキャップについては、専用のSST買うか、こう言うのを自作するしかなさげ。

分解・組立て時に、プリロードアジャスター自体にトルクを書ける必要があるんです。

最初、平たくなってるところをプライヤーで摘まんで回らないかと頑張ってみましたが、プリロードアジャスターが削れるだけでどうにも緩みませんでした。

フロント15mmダウン(+リア12.7mmダウン)のインプレ

0/3/6mmとプリロードアジャスターで変えられるんで、1段階ずつ試しながら試走。

  • +0(-15mm):フロントが「ぱたん」って寝るんだけど、乗り手の意図より速く接地感薄い。
  • +3(-12mm):しっくり
  • +6(-9mm):倒し込みの時やや踏ん張る感じ(今まで通り)。

結局、後ろ下げた量とほぼおんなじ量で落ち着きました。±3mm違っただけで割と分かるもんです。

突き出しだけで見てた時は、しっくりくるポイントから離れていたせいか、殆ど違いが分からなかったんで「いじって大幅に狂うと見当が付かないという」いかにもなパターンに陥っていたようで。

フロント下げたことにより、さらに少し足つきも良くなりました。スタンドも平地なら切らなくてもそのまま使えて、今のところ良いことづくめ?

TE250iの腰上OHしました

TE250iのピストンを、132h/4345km経過時点にて交換。

特に何かあるってわけじゃぁ無いけれど、メーカー推奨が80h周期での交換に対し、それなりに経つしなぁ…と。

カリカリに性能求めているわけでも無いんで、素人にとってはメーカー推奨(性能維持の観点)の2倍くらいはまぁ使えるって言うのが定説。

変えたからどうと言うことも無く、これでまたしばらくは安心して乗れるだろう、くらいのつもりでした。

で、本日走り初めで乗ってみたところ、明らかに分かるレベルでエンジンむっちゃ調子よくなってるし。

低回転はあんまり変わらないのだけれども、中〜高回転がヒュンヒュン回るように。

交換したピストン見ても、ウチにはよく分かりませんが、乗ってみるとうちレベルでも分かるくらいに、それなりに劣化はしていたようです。

MY19TE250i現状

広いモトクロスコースなんかだとストックのままで違和感なかったんですが、狭いハード系で乗るとちょっと手強い感じでうまく扱えませんでした。

専用機(レーサー)なんで、あんまり弄る必要無い…と思ってたけれど、ちょっとずつの不満点に、ちょいちょいと手を入れた結果がこちら。

  • Fastwayリンクガード (12.7mmローダウン)
  • 純正ローシート(15mmローダウン)
  • スプリングレート変更 想定重量75~85kg→65kg~75kg
  • FACTORY EXPANSION CHAMBER
  • FMF-POWERCORE-2.1-SILENCER
  • ARC Composite power clutch lever

で、これだけ入れてみたら、自分にとっては良い感じに扱いやすいマシンに仕上がりました。

Fastwayリンクガード/純正ローシート

ローダウンも可能なリンクガード。ほぼガードとしての機能を期待して取付けましたけどね。

最初はリンクガードだけ変えて、ローダウンは12.7mmなんでオマケぐらいに思っていて、あんまり期待してなかったんですが、やっぱりこれだけだと殆ど違いが分からない感じ。

ローシートについては、前のイタリアンハスクの時にも入れていたんですが、ちょっとデメリットが目立っていた為、今のハスクでは最初は入れてませんでした。

なんせ、シートだけで-35mmっていう割と強烈なローシートだったのもあって、シートとステップの間で足が窮屈だったり、相対的にハンドルバーが高くなりすぎて操作しずらかったりとか。

しかし今回は15mmということもあって、ほぼデメリット皆無。リンクによるローダウンと合わせて、足つきが…というより、後述のスプリング変更と一緒に変えたから効果は絶大でバイクが小さくなった感触でした。

スプリングレート変更 想定重量75~85kg→65kg~75kg

外車の標準設定はライーダー重量75~85kgだそうで。

ウチが体重70kgくらいで、聞くところによると「装備込みで75kgくらいになるから標準のままで丁度良い」と言うんだけど、どうしてもそうは思えなくて。

思い切ってスプリングレート下げてみたところ今のところすごく良い感じ。

抽象的な表現でアレですが「なんだか大きなバイクを必死こいて操る」感じが「過不足無く丁度良いサイズ」って感じになりました。

スプリングレートの選定って、体重以外にも「どのくらいスピードを出すか」っていうのも有ると思うんですよね。

一方で、凄く巧い人に乗ってもらったら「なんか重い」の一言。確かに、ちょっと慣れてきたら、サスの動きのテンポが若干遅いかな…という気がしないでもない。

また、荒れた路面のストレート全開走行時に、ちょいフロントが振られやすくなりました。

ただエンデューロだと適度に「ぬるい」感じの方が疲れにくいというのも有りそうだし、リバウンド調整しながら、もうちょっと様子みたいと思います。

FACTORY EXPANSION CHAMBER/FMF-POWERCORE-2.1-SILENCER

“FMF”じゃない方のFactory Chamber。EXC-TPIには設定がないとか。MY17~MY19用。

これはもう「なんで最初から入れてくれなかったんだ!」と思うくらい、必須パーツだと思うんですよ。

ノーマルの特性だと、アクセル開け始めからトルクはあるけど、その上の回転数のトルクの立上がりと比較するとやや控えめ。

フロントアップやヒルクライムの助走など一瞬でアクセル開度決めないといけないとき、ウチにとっては開け足り無かったり開け過ぎたりで、なかなか馴染めなかったのがこれで解決。

レースパーツにありがちなピーキーとは真逆の特性で、極低回転からのモリモリトルク。それも全閉からの開け始めの所からして違う。アイドリング中にブリッピンしただけでもう反応が違うのが分かるレベル。

林道で良く使う「全閉〜ちょっと空け」の領域がむちゃくちゃ扱いやすくなり、ほぼ思った通りのトルクを出せるようになりました。

ARC Composite power clutch lever

フロントアップや半クラの強い味方。これも必須装備にして欲しい感じ。

いわゆるレバー比変更なんですが、油圧クラッチでありながら、レバーの遊びをギリギリまで追い込む調整機能付き。

おかげでレバー比をかなり柔らかい方に取っても、クラッチが切れない!っていうこともなく。

2st250ccのクラッチはやっぱり重いです。

ローダウンしてみた

ローダウン可能なリンクガードを、ローダウン無しの設定で暫く使っていました。

軸の一部が入れ駒になっていて、駒を交換するとローダウン出来る代物…なんだけど、暫く使ってたら駒が噛みこんで抜けないんでやんの。

同じリンクガードを使ってる知り合いから、駒の抜き方について良い手段を聞いたので早速ローダウンしてみました。

Fastwayのリンクガードの入れ駒の抜き方(内から外へたたき出す)

ローダウンにより12.7mm下がるそうなんで、フロントも同じく下げたい所。

しかしFフォークの突き出しは既に6mmくらいしていて、ハンドルバーにあたらないようにめい一杯突き出しても+3mmの9mmまでしか突き出し出来ず。

結局、少し前上がりになってしまいました。

リアローダウンによる前上がりの結果

ロードでジムカーナやってたときは、旋回性上げるためにプリロード抜いてFフォークの突き出し増やして、とにかく前下がりにしてたんですよね。

なんで、10mmくらい前上がりになるから、曲がりにくくなるかな〜と思ってクネクネなコース走ったら意外にすらすら曲がれるでやんの。倒し込みが軽い。

プリロード掛けてさらに前上がりにしてみたら、どんどん倒し込み軽くなる。

ただやり過ぎると、バイク傾けてもそっからフロント外側へ逃げてラインが外側に膨らむし、そもそもフロントの接地感が希薄で真っ直ぐ走ってても違和感。

やっぱりやり過ぎ良くない。

オンロードとオフロードの違い

オンロード(ジムカーナ)だと、切っ掛けから前輪のグリップによるセルフステアでハンドルをストッパーまで一気に切らせて、バイクが自ら倒れるように倒していく感じなんで、前下がりの方が良く曲がる感じ。

オフだとフロントに荷重掛かりすぎると、むしろハンドルが重くて切りにくくなる(過去に経験あり)。そもそも前輪のグリップ期待出来ないし、バイクが軽いから倒し込みはボディアクションだけで十分倒れる。

けれど、F荷重控えめで曲がりやすい理由がイマイチよく分からない?


とりあえず、オンとオフでこうもセッティングの方向性が違うものかと、興味深かったです。

因みに12.7mmのローダウンは、殆ど実感できませんでした。(‘A`)

ま、ローダウンしない状態から前上がりのセッティングにしたら、ますます足つきが悪化するから、これはこれでいいかな…。