福祉関連手続き

お父さんが倒れてからやった手続き。自治体によって微妙に違ったりします。だいたい二ヶ月に1回くらい有給とって,朝から晩まで役所をハシゴしてました。
役所は申請主義なんで,申請しなければ貰えるはずのものも貰えない。誰かの参考になれば。
<世帯分離>

申請先:市役所、L/T:即日
医療・介護を受ける本人だけを単独世帯として,住民票を他の家族と分ける。
ウチの場合は、最初から別居だったんで申請不要でした。本来同居でも分離の申請できる筈なんですが,自治体によっては、自治体毎のルールに従って拒否される場合あり。
医療費と介護費ともに、収入に応じた減免があるけれど「世帯の収入」を基準に判断されるので、本人の収入が少ない場合は分離するしないで減免額が大きく変わります。
定年まで会社勤めして,人並みに厚生年金が貰えるような人にはあまり関係の無い話かも。しかし、うちのお父さん、零細自営業一筋だったもんだから…。

<高額医療費限度額認定>

申請先:市役所、L/T:即日
医療費の減免。月ごと&医療機関ごとの医療費が、「世帯」の収入に応じた一定額までに減免されます。現役並収入であっても,長期入院・手術するなら必ず申請した方が良い。多くても14万円/月〜最小1.5万円/月。
自治体によっては一度医療機関に支払ってから,あとから申請して還付を受ける仕組みしかないところもあるみたい。私の所は最初から還付金額を差し引いた額だけを医療機関に払えば済むようになっていました。
明細見直すと,医療費としては手術のあった1月と2月が約140万円/月。他が約80万円/月。普通に3割負担してたら破産まっしぐらです。
入院した翌日に手続き。即日発行。期限半年。半年後にまた申請が必要。

<成年後見人>

申請先:家庭裁判所、L/T:2〜3ヶ月
財産の自己管理能力の乏しい本人に代わって、財産管理の権限(銀行口座の出し入れとか)を法定代理人として出来るようになる。主に認知症対策。
本人は言葉を使えない&文字も書けない。医療費支払いの為に年金を引き出そうにも「委任状書けない」「暗証番号言えない」なので、申請。
法定代理人として本人の財産を使えるようになるけど、あくまで本人の為にしか行使出来ない。親族への資産の移動とか贈与なんて以てのほか。収支を記録して、定期的に出納帳と資産状況を裁判所に報告する義務あり。
申請用の書類を集めるのが一番大変でした(謄本やら登記簿やら,出生地の市役所やら法務局やら)。心配なら司法書士や弁護士に相談したほうがいい。(私はしませんでしたが…)
事前に本人が指定した「将来,成年後見人になる人(任意後見)」ならまだしも,判断能力が衰えた後で申し立て(法定後見)した場合,必ずしも申立人(親族)がなれるとは限らない。状況に応じて第三者の司法書士や社会福祉士が選任されることもある。その場合は報酬も必要。ウチの場合は,状況的に自分が選任される可能性が高かったんで,無事に自身が成年後見人に成れました。

<銀行口座の後見人設定>

申請先:銀行、L/T:即日
後見人の選任の結果を以て。
これで新しい印鑑と新しい暗証番号で、出し入れ可能に。

<要介護認定>

申請先:市役所、L/T:1〜2ヶ月
介護保険を行使するうえで絶対必要な物。
まず申請して認定を受けないと介護保険が使えない。認定員が面談にやってくる。
申し立てから普通1ヶ月くらいで認定が降りるというけれど、混み合ってるとか何とかで2ヶ月ぐらい掛かった。期限は初回だと半年と1年の場合があるけど、ウチの場合は最初から1年でした。期限過ぎたら再度認定が必要。

<介護保険負担限度額認定>

申請先:市役所、L/T:1〜2週間
高額医療費限度額認定の介護保険版。
高額医療は「世帯収入」の判断だけだけれども、介護のほうは資産状況の申告もあるので、後見人だと手続きがスムーズになるみたい?続柄に「子」ではなく「法定代理人(成年後見人)」と書くように促されました。
因みに、H27の制度改正で預貯金が考慮され、世帯分離に関係なく配偶者の所得も加算されるように。今まで妻が専業主婦・国民年金のみで世帯分離して受けられていた減免が、夫の年金も考慮されるようになって減免が無くなり阿鼻叫喚らしい…。

<高額介護(介護予防)サービス費の支給申請>
<高額介護サービス費受領委任払い>

申請先:市役所、L/T:1〜2週間
医療費の減免は1種類だけで月ごと上限が設定されたけど,介護保険は2段仕立て。介護保険負担限度額認定だけでは,入所施設の日々の食費などの減免はあっても介護サービス費に対する減免は,さらに別途の申請が必要。月ごとに介護サービス費が一定額越えた場合は,都度申請して後から還付される仕組みが支給申請。(医療費も本来はその仕組み)
施設に払って,あとから申請して還付を受けるのも面倒なので,施設側で還付受け取りして還付分を差し引いた請求だけにするのが受領委任払い。但し「施設の了承が得られた場合」だそうで。

<身体障害者手帳>
<障害者医療助成>

申請先:福祉事務所・市役所、L/T:1〜2週間
身体障害1級・2級以上だと,医療費がほぼ無料に。ほかにも障害者向けサービスは色々あるけれども,多分使うこと無いでしょう。本人は電車とか乗れないし。自動車に関する減免は,本人所有にすれば受けられるけど,それってどうなんだろう…ありなのか?軽自動車なんで知れてるし…。
基本的に初診日から6ヶ月たたないと後遺症が固定したと見なされないので,すぐには申請できない。だから,急性期の入院・手術費やリハビリ病院の入院費には適用できず。
認定医の診断書が必要で,ウチは事前に診断書の書式だけ取り寄せて,早めにリハビリ病院にお願いしてました。
手帳は福祉事務所だけど,医療助成は市役所に行かないといけない。

リハビリと介護

そもそもの脳出血の治療が終わると,基本的には退院「しなければ」ならない。脳出血による後遺症は病気では無いから治療の対象ではない≒保険料はこれ以上やらん,というのが「お国の方針」らしい。で,その後リハビリ専門の病院というのがあってそちらに転院するのが「普通」と思っていたら,それもどうもちょっと違うという話。
治療が終盤に差し掛かったところで,主治医からは次の意思を確認される「自宅介護するつもりあんの?」と。端的に言えば,ハナから施設に入れる事を想定しているような輩にはリハビリ専門の病院に通う為の保険料なぞ勿体なくて出せねえぞ,という「お国の方針」らしい。というわけで,ここで自宅介護の意思がないと言うとまともなリハビリすら受けさせて貰えないとか。凄いな…「お国の方針」。「お父さんも独身,ウチも独身で出来る事に限りはあるけど,回復状況次第では同居のうえ自宅復帰を目指したい。」という玉虫色な回答だけど,一応転院の準備は進めて貰えそう…。
リハビリ病院には6ヶ月という期限があり,6ヶ月過ぎたら退院必須らしい。そしてその時の選択肢が1.自宅復帰/2.特養/3.老健/4.有料老人ホーム。2は安いけど空きが無くて順番待ちが数年とか…。4は一杯あるけど凄く高い。3は間くらいの費用だけど,3ヶ月という期限付き。地域のケアマネージャーに話を聞いたら,2の順番待ちの為に3の転院を繰り返している人も少なく無いとか。ぶっちゃけ3の費用聞いただけで「あ,ムリ」って感じでしたがotz。さらに病院のソーシャルワーカーに話聞いたら,リハビリ病院からは3は行かせて貰えないor嫌がられるという新情報。リハビリ病院は「自宅復帰率」というのがあって,1だけでなく2と4も自宅復帰した事にカウントされるけど,3だと自宅復帰にカウントされないから…だそうな。なにその成果主義。3自体が「自宅復帰を目指す為の施設」という建前もあって,リハビリ病院としては3へ行かせたくないとういのが「お国の方針」らしい。
色々不満はあるけど,介護保険制度が無かった頃に比べたらまだましなんかな…。

初めての大人のオムツ

食事はチューブで胃に流し込み,排泄はすべてオムツという寝たきり状態。病院には「アメニティセット」という便利なのがあって,入院中に必要な身の回り品,着替え,オムツを有償で用意してくれる…というのがあるんだけど,オムツありのコースが¥1,000/日とオムツ無しのコース¥500/日と,たかがオムツを持っていくか行かないかだけでの差がでかい。取り急ぎオムツ無しのコースにして院内売店にオムツ買いに行こうとしたら,看護師さんが「下の売店高いから。すぐ近くのコーナンで売ってるよ。」と教えてくれる。それでいいんか?(後日着替えも持参&洗濯するようにして,早々にアメニティセット解約しました)
コーナン行ったはいいけど,種類多すぎてどれ買って良いかワケワカメ。再び病院の売店までもどって売っているヤツを確認したりしたけど,オムツは大きく分けて2パターン。パンツタイプとテープタイプ。パンツタイプは動きやすく,リハビリ中の人が自分で下ろしたりする事を想定したもの。テープタイプは所謂「おしめ」な構造で,パンツのように下ろしたり出来ないけど介助者が履かせるときには,足を通すこと無く寝たまま履かせられるので寝たきり向け…らしい。パンツタイプはさらに種類が細分化されてたけど,今の状態だとテープタイプ一択。テープタイプは各社共に1種類しか無くてあんまり迷わず買えた。
大人用オムツでは「尿とりパッド」なるものをさらに併用するらしい。排尿時はパッドだけ交換してオムツ代をケチる事ができるとか。たいてい尿とりパッドのほうがオムツより圧倒的に安い。パンツタイプ用とテープタイプ用は別なんで注意するところ。あとレシートは必ず取っておくこと。医療費控除の対象になるんで。
最初に看護師さんにサイズ確認したら「L」と言われる。お父さんのパンツMサイズなんだけどなぁ…と思いつつLを買ってたんだけど,尿道カテーテルが外してから,尿とりパッドだけでなくオムツの消費量が急激にUP。看護師さんに訊いてみたら「尿が多みたいでよくこぼれる」らしい。ひょっとしてサイズ大きすぎませんか?って聞いたら「今のLサイズで合ってますよ」と。それから追加のオムツをLサイズで持っていった翌日,机の上に「次回からはMサイズでご用意願います」の置き手紙。おいおい…。

お父さん倒れる

一月某日,いつものように実家に顔出しに行こうと思い,電話するも電話に出ない。トイレ行ってたとか良くある話なんで,5分ぐらいして掛けるも出ない。少し心配になってそのまま実家へ向かう。更に嫌な予感がして「念のため」に草履履きながらも車に靴を積んで実家へ向かう。こういう嫌な予感は大抵外れてた筈なんだけどな…。
実家のチャイムならしても応答が無い。鍵開けて中入ったらお父さん倒れてていきなり嘔吐し出す。吐瀉物を片付け呼びかけるも頷いても一切声を発しない。悪酔いしてるのか?と思いながらも念のため救急車呼んで,用意周到に持ってきた靴に履き替えて病院行ったら脳出血でした。MRIの画像では左脳側の半分くらいが真っ白な血腫。右半身麻痺と言語障害が出るのは確実,会話も難しいだろうと。もう出血は出尽くした感で夜中に慌てて手術しても明日以降にしても大して変わらない,そもそも手術の必要性含めて1週間ぐらい見守ることになるから,いつ手術が決まるか分からないので必ず連絡が付くように…と言われる。
とりあえずアレやってコレやって…っていうのが頭の中を駆け巡ってばかりで,とりあず感傷は無し。おかんの葬式のときも式中は感傷なかったなー,後がこえーなーなんて思い出しつつ普通に就寝。
翌朝いつものように起きて,出勤しようかどうか迷ったけど,役所の手続きとかもあるからとりあえず休暇の連絡…と,今日出す予定だった報告書を書き上げてメールで送信するだけ…というところで病院から電話(AM7:30),主治医から話があるからすぐに来いと。
急いで行ったらICUの中では先生と看護師の人達が絶賛朝礼中。ICUの中で手持ち無沙汰に朝礼が終わるのを待って,やっと先生とのお話。一刻を争うほどじゃないけど数日様子を見たところで悪くなるのは目に見えてるので今すぐ手術します…と。手術の同意書には「セカンドオピニオンを求めることが出来ます」ってあって,そんな猶予あるの?って聞いたら1週間も待てば確実に悪い結果になるとか。選択の余地無し。
実際には手術は9時からとかで,さらにぼーっと待つ。で,手術終わったら昼1時前でした。手術直後面会したときは,お父さんはなんかぼーっとしてました。夕方にもう一度会いに行ったら,言葉は出ないけどこっちの言うことは理解出来る模様でこちらを見て頷いたりとか。脳出血での言語障害で一番酷いのになると,聞き取りすら不可能になるって見たんで,やや安心。