保冷剤

凄く長持ちする保冷剤は無い物かと。

クーラーボックスを豪華にしようにも、軽バンで邪魔にならないサイズのボックスには限度がある。具体的には助手席の足下に収まるサイズ。

とりあえず比熱容量の大きな物質はない物かと調べてみたところ…、

https://ja.wikipedia.org/wiki/比熱容量の比較

重水とか液体アンモニアとか無理っしょ。ヘリウムとか水素とか言われても体積じゃ無くて質量あたりだから話にならない。

そんな訳で保冷剤として熱を溜め込む能力は、現実的な解としては水が最強。どの保冷剤も質量あたりに溜め込む熱(冷気)の量は殆ど変わらないんじゃないか?。

結局のところ、ゲル状のぶにょぶにょしてるのは氷から水に融けた時、少しでも熱伝導を減らして長持ちさせるために、液体よりもゲル状になるようになんか添加しているだけ。

逆に「強冷タイプ」ってやつは、出来るだけ低い温度から融けて液体になり、一気に熱伝導させるようにしているだけ。まぁ不凍液ですな。

ただあんまり水に色々添加するとその分だけ、熱容量減るからほどほどにしか出来ない…。

欲しいのは長持ちする保冷剤なんだけど、ビニール袋に入ったロックアイスと比較して、ゲル状の保冷剤の優位点なんて知れてるんじゃ無いかなぁ。


そんなわけで、手持ちの保冷剤三種類を比較。

右と左のが強冷タイプで、冷凍庫に入れてもなかなか凍らない。真ん中のはホムセンで売ってる一番安いヤツ。すぐ凍ります。

結果は、ホムセンの安物が一番長持ちしました。

だいたい朝出かけて翌日の昼過ぎ位まで冷えていて欲しいんだけど、結局のところ、出先のコンビニでロックアイス補充するのが一番の解決策かな…。

 

“保冷剤” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。