ドラム式洗濯乾燥機デビュー

「おれは『洗濯物干し』をやめるぞ
ジョジョ──ッ!!」

はい、すみません、これが言いたかっただけです。「ドラム式洗濯乾燥機」買いました。乾燥まで全自動のやつ。

去年の春頃から、ずーーーーーーっと気にはなっていたんですよ、ドラム式洗濯乾燥機。電気屋の決算セール時期なんで、店頭販売でもまずまずの価格。

問題は搬入・設置がスペース的に可能かどうか?という所ですが、配達時に入らなかったら返金出来ると言われて一安心。結構大変そうでしたが、なんとか置けました。

今時のドラム式洗濯乾燥機

ドラム式洗濯乾燥機って、一般に市場で認識されるようになったのは2000年頃からで、登場からまだ20年くらいの比較的歴史の浅い家電です。

初期の頃は壊れやすかったり乾燥といっても生乾きが当たり前だったり、色々と課題があったようで。そして、そのあたりの対策が進んだのは、ほんのここ4〜5年だとか。
(まだちょっと課題はありますが…)

大きい割に実は扱える量は少ない

洗濯11kg/乾燥6kgと、一見、一人暮らしにしてはかなり大型のように見えますが実はそうでも無かったりします。

まず、乾燥まで出来るのは6kg。でも取説見ると「乾燥の質が不十分な場合は4.5kg以下にしてみてください」と、しれっと書いてたりします。6kgというのは本当に乾燥の限界量みたいです。

4.5kgっていうと、前使ってた小さめの縦型洗濯機の4.2kgと大して変わんない。一人だと2日に1回の洗濯でちょうど良いけど、4人以上の家族とか洗濯物多い家庭だと、1日1回でも足りないんじゃね?と。

メーカーも苦労して「一般家庭の洗濯機スペースに置けるサイズ」に収まるように設計してるんでしょうが、少子高齢化を狙ったのかそれ以上大きくするつもりも無いんですかねぇ。

洗車機の自給フィルタ

マキタのMHW080Dには、こういうストレーナーが付いてきます。

このメーカーのは60umメッシュなんですが、同じ形状のが色々なメーカーから出ているので、多分どれも同じだと思います。

因みに、工進のエンジン式洗浄機では、比較的汚れた水から自給するときはこういうディスクフィルターを使えって書いてあるらしいです。

で、このディスクフィルター、少々お値段が張るのですが、ここによると他メーカーでもっと安いのもある模様。

フィルタの細かさは、画像にもある通り130um。

フィルターは一つなじゃない

てっきり、ストレーナーの置き換えでディスクフィルターを使うもんだとばかり思ってたんですよ。

先のストレーナーが60umであることは、後になって気づき「なんだ、ストレーナーの方が目が細いかいのだから、ディスクフィルターいらんやん」って思ってました。

そして、某コースで洗車時に比較的汚いため水を使う機会があり、そのとき起こったのが「ストレーナーの目詰まり」。

酷いもんで、数分おきに水圧が下がり、その度にストレーナー洗ってました。

ディスクフィルターの優位性というのが「(ストレーナーより)目詰まりしにくい」ということ。つまりは「粗めのディスクフィルター通してからストレーナーを通す」のが正解だったようで。

LEDランタン新調

もともと左端のGentos EX-620LGPという、導光板を用いたランタンを使ってました。

適度な明るさ(230lm)と、導光板により光源を直視してもまぶしくない。そして良い感じの赤すきず白に近い暖色系の色合いもあって、車中泊の車の中で手元を照らすのにちょうど良い感じで使ってました。

ただ、レース前の宴会という名のキャンプでタープ内で使うとなると、230lmじゃぁ、今時ちょっと明るさが足りない。それと、何度か落下させているウチに、電池蓋が一部割れてきちんと締まらなくなっていることもあり、新調することに。

Gentos EX-109D

上の写真の右端のやつ。
本来昼白色点灯でmax光度になるんですが、とりあえず暖色モード(450lm)で。

導光板を使用したLEDランタンは、残念ながら今では廃盤で新機種も出てないようです。そこで、密林でGentosのランタンの中から「一番明るい奴」で探したのがこいつ。

で、届いて早速点灯してみたら、すごく「これじゃない」感。

レビュー見るとみんな「明るい」と絶賛なんですが、ランタン本体の光源が「まぶしすぎ」。それはもう目が痛いと思えるレベルで。

とにかく視界にランタンが入ると、ランタン自体がまぶしすぎて周りが余計に暗く見えてしまう。狭い空間で使うのに明らかに向いてない。

フード外して天井からつるすとか、光源の光を直接見ないですむような位置関係なら良いんでしょうね。

そんなわけで、新たなランタンを探しに…。

Gentos EX-366D

上の写真で、中央のがソレ。
こいつも本来昼白色点灯でmax光度ですが、周りと合わせて暖色モード(360lm)で点灯。

透明やレンズ入りフードでは無く、乳白色の拡散材入りフード。求めていた「まぶしくなくて、でも明るい」ランタンはこれでした。

こいつだけ、電源ONが長押しになってます。正直使いにくいのですが、これはこれでフェイルセーフ的にいいんかな、と。ランタンを車に積んでる時に、たまに電源ボタンが当たっていつの間にか電源ONになったまま、現地で気づいた時には電池が残り僅か…なんてこともあったんで。


その筋の人は、ランタンをいくつも買い続けるらしいですが、危うく自分もその沼にはまるところでした。

マキタバッテリー考察

リチウムイオン電池のタイプ違いについて

手持ちのマキタバッテリー見ててふと気づいたんですが、使用しているリチウムイオン電池の種類、けっこうばらばらなんですね。

リチウムイオン電池の種類についてはこちら。

矢印のリサイクルマーク下の”Li-ion 20″とかいう記載の、数字の部分がリチウムイオン電池で使用されている材料が示されてます。

日本市場におけるリチウムイオン電池のリサイクルマーク表示ガイドラインの改定について(電池工業会)

そんなわけで、18Vはニッケル系、10.8Vは容量によってニッケル系とコバルト系で違う様で。同じ10.8Vながら容量によって電池の種類が違うってある意味凄いな…。もちろん、充電器・使用工具ともに双方で使えるようにしてあるんでしょうけど。

満充電時の電圧について

BL1015とBL1040Bで使用しているリチウムイオン電池のタイプが違うことがわかったので、電圧にも違いが無いかと確認してみましたが、満充電時で12.4V/12.5Vと誤差の範囲。

1セルあたり4.13~4.17Vくらいで、ニッケル系はよく知らないのですが、コバルト系のセルだと満充電時4.2V弱というのは自分の知ってる情報と合致するので納得。

ニッケル系とコバルト系では放電特性で明らかな差が出るはずなんですが、満充電時はほとんど差異が無いようです。

で、ついでにBL1860B計ってみたら20.4Vで、1セル換算4.08V。ちょっと低い?それともたまたま?いまいち判断がつかない。