[te250] リバルビング

サスペンション

事の発端は去年秋の試乗会。買う気も無いのに冷やかしがてらYZ-250FXの試乗。今回試乗してみて驚いたのがサスの素晴らしさ。なんかもう「ふわふわギュッ」ってよく分からない表現だけれども,とにかくサスペンションが凄すぎ。というか2年前にも同じ車種に試乗してたけれど,その時はその違いに全く気付かず。それが分かる程度にはバイクのことが分かるようになったようです。
で,自分のハスクは…というと,明らかにおかしい,あまりにもおかしい。ちょうど知り合いがリバルビングに出したのを聞いたんで,じゃぁウチも…と。
作業から帰ってきた時のメモを見ると,もともとリア側が減衰を大幅に上げる仕様にカスタムされてたらしい。ちっ,これだから中古車は…。今回は前後共に減衰を下げる方向だとか。
で,試走してみた。阪下のロングストレートにて戸惑いながらも思わず顔がほころぶ。すっげぇバイク速くなった(気がする)。要は,いままでリアサスが硬すぎて,ギャップでばんばん跳ねるばかりでタイヤが空転して全然路面を掴んでいなかったのが,しっかり路面をなぞるようになって加速が全然違う。ただ,それがリバルビングの効果なのか,減衰上げるカスタムが悪さしていたのが元に戻っただけなのか,その辺りは不明。
今までスタンディングで暴れるバイクにひたすら耐えるような所でも,涼しい顔して座りながら通過出来るように。そういえばレースの時も,こっちは振られるバイクに必死に耐えながらアクセル開けてるときでも,前走者は涼しい顔?してシートに座ったままちぎって行ってたなぁ…。
KLX140のリアサス付けたKLX125からTE250に乗り換えたとき,リアサスにすんごい不満あったけど「それはきっと気のせいだ(レーサーだし)」と思うようにしてたけど気のせいじゃ無かったです。
一方フロントはというと…,違いがよく分からないです。(‘A`)
ま,フロントの気になってたポイントは,ストレートでそこそこ速度出した時の高荷重時の振る舞いなんで,リバルビングの恩恵はあんまり出ないの…かも。減衰を1〜2クリック抜いてもリバルビング前より車体安定するようになった気がするんで,そのあたりで落ち着く。
買ってから5年もの間,硬すぎるリアサスでばんばん跳ねながらロデオにひたすら耐えてたのは何だったのかと…。初めて乗る車種で「本来あるべき状態」が分からないのに中古車に手を出すのは,やっぱり鬼門ですわ…。

[te250] エアクリナーボックス清掃

清掃前びふぉー

清掃後あふたー

清掃前の状態,フィルターの外側とは言え酷すぎますね。
底に詰まってるのはただの泥に非ず。粘着性抜群のフィルターオイルと泥の混合物。パーツクリーナーじゃ溶けないし。
水とアルカリ系洗剤で少し落ちるんだけど,塊はヘラでこそぎ落とすしか無い。年末大掃除のレンジ周りの掃除みたい。

[te250] ハスクいろいろ修繕

スロットルボディー脱落
今年の春頃から,スロットルボディーが外れる事案が頻発するように。
ちょっと転倒したらなんだかアイドル回転数が高くなったり,エンジンが掛からなくなったり,おかしいと思ったらたいていスロットルボディーが外れてる。
バンドを締め直しても全然ダメ。とりあえずインシュレーターが悪いんだろうケド,特に硬化している感じでも無い。疑問を感じながらとりあえず部品発注。
インシュレーター

原因はスロットルボディーを取り外す時に分かりました。インシュレータが全体的に膨張しててブカブカになってやんの。
隙間がありすぎて,バンドで締めてもゴムが逃げてしまって全然閉まらない。
新品のインシュレーターと比較したら,こんなに膨張してました。
欧州メーカーの樹脂とかゴム製品は日本の気候環境下ではとにかく持ちが悪くて,硬化したり割れたりってのは良く聞くけど,膨張(膨潤)してブカブカになるとか,そんなこともあるんだ〜って興味深かったです。
今で6年落ちですが「たかだか6年経過で?」ってのは,そのあたりが国産との差なんでしょう。
エアインテーク内やスロットルボディーがそこそこオイルで濡れてたんで,ブローバイの影響かも。樹脂ゴム製品には悪名高いエステル系化合成オイル使ってるしなぁ。公道走んないし,ブローバイ還元やめたほうが良いかなぁ。
追記:1/4)RepairManual見直してたら,エンデューロ64h/ストリート1万kmでの指定交換部品になってましたわ。そういうモンらしい。
フロントマスク

だいぶ前から,あちこち割れがあって,とうとう唯一のネジ穴も折れて固定出来なくなったフロントマスクも交換。
ナンカチガウ…って思ったら…,
フロントマスク

もともと白黒2色成形だったのに,白一色でずぼらしてやがるし…。otz
中華かよって感じですが,未だに部品再生産してくれてるだけでも有り難いんだろうなぁ。

[te250] 修理歴

2010モデルの中古を,2011に買ってからはや5年。1年で使い捨てと言われるレーサーモデルながら,なんだかんだでまだ乗れています。修理歴を振り返ってみた。

マッドフラップ
→太いタイヤ入れたら干渉して削れて穴あいた。
ウォーターポンプ一式
→北海道ツーリング後にクーラント空っぽになってたのに気付き,エンジン動くけど念のためバイク屋で見て貰ったら3ヶ月も掛けて,よく分からないままウォーターポンプだけまるっと交換された。
以降ずーっとエンジンオイルにクーラントがちびちび漏れっぱなし。
クランクケースのベアリング一式全部
画像の説明→腰下空けたら何かが砕けた粉末がケース内に蔓延していて,ベアリングにも入り込んでいてジャリジャリになってた。
こっからは全て自分で整備。
メインシャフト
画像の説明→ドライブスプロケット交換時に,スプロケット固定ボルトが締まらない事で判明。メインシャフトの内側の輪留め部分が割れてた為交換。
ハスクバーナ買収後の混乱?を受けて1年以上部品が出なかった…。
水温センサー
→冬場に壊れてエンジン掛からなくなる。
シフトドラムストッパープレートのカバー
画像の説明→前の腰下OH時に,規定トルクで締めただけで割れたので交換。
オイルポンプギア
画像の説明→腰上OHの時に異物が入って噛み込んで割れた。自分の整備の自業自得。
ウォーターポンプシャフト&シール
画像の説明→だいぶ前からずーっとエンジンオイルに僅かながら水が混じってて,ウォーターポンプシールはバイク屋で交換したはずだから大丈夫な筈と思い込んでいたけど,とうとう疑う場所がそこしか残らなくなって分解してみたら実はあかんかった。
ピストンAssy
画像の説明→普通にピストン摩耗しててたので交換。高い。
ラジエーターファン
画像の説明→バイク屋でラジエーターガード付けて貰った時に,ファンが90度ずれたまま取りつけられていたせいで,ファンモーターのステーが折れた。

よくまぁまだ乗れているもんで。