[car][te250] ハスク,ホビオへ積み込み完了。

画像の説明
ちなみにこの日,昼過ぎに積み込みが完了してから,その後の用事全て,ハスク積んだままほびおさんで移動してました。実はココまで来るのにかなり試行錯誤。もうほびおにハスク積むのは無理なんじゃないかと諦めかけるぐらい。普通のフルサイズオフ車より一回り大きいよ!>ハスク。
最初,タイダウンでフロントフォーク縮めて見るも,入れられるようにするためには「コレスプリングヤバいだろう?」というくらい強烈に縮めないと入らない。せめて中で開放出来たら良いんだけど,何とか車内に入れてみたものの天井との空間はハンドル握るのも辛いくらい。「フロントフォーク開放する余裕なんてねぇよ…」と言うことで却下。


画像の説明
で,台車用のコマを取付。問題はフロントブレーキが使えない事。この場合,ふつうはクラッチをブレーキ代わりに使うんだけど,ハスクはクラッチのキレが悪くて「冷間時はクラッチ切っても押し歩き出来ないくらい重くてクラッチ切れない」という素敵仕様。ニュートラルでブレーキ使えず勢いと力任せ。
車体の軽さもあって,ラダーの途中でとまってもブレーキ為しでも以外と支えが効く。何とか車内につっこんでみたらやっぱり天井との隙間がギリギリすぎてどうにもなんない。ハンドルが劇的に邪魔。そこで,ハンドルクランプを緩めてハンドルを倒して高さを下げたところ,ようやく積み込み出来るように。
後部座席を倒すとフラットになる,5ナンバーのホビオProにせず4ナンバーホビオ買っちゃったのをちょっと後悔してたんですが,斜めではなく真っ直ぐ積み込むと,倒した後部座席の肘掛け部分が低くなって丁度良くて無問題だったり。ブログの記事見てると,軽箱に斜めに積み込んでいるの写真が多いんだけど,車内でハンドル切って斜めにしたりとか,そういう余裕がもう殆ど無いんで,運転席と助手席との間にフロントフェンダーがこんにちはするのを許容出来るなら,真っ直ぐ積み込んだ方が楽っぽい。
フロントタイヤの交換ぐらいたいした作業じゃないし,コツさえ掴めば軽箱への積み込みはさほど苦じゃない。ただどのブログ見ても,結局はもっと大きい車を買い直していたり。実際に軽箱に積み込んでコース行ってみて思ったのは,バイクそのものよりも,その他の装備の積み卸しが面倒,ということに尽きるような気がしてきた。その他の物(ラダーとか工具とか携行缶とかウェアとか諸々)を積み込むと,結構厳しい。絶対的に軽箱の容積が小さい。とはいえ,ウチはほびおさん,5年は乗らんとなぁ…みたいな。

画像の説明
ちなみにアスト○プロダクツで買った,やっすいラチェット式タイダウン。フロントフォークのスプリング縮めようとしたら,レバー曲がるとかしょぼすぎ。耐荷重設定低めだったけど,レバーが曲がるとかどうよ?安かろう悪かろうの代表例?

画像の説明
ちなみに,同社の通常のタイダウンも旧型はハズレでした。上が旧型,下が新型。旧型はベルトそのものがペラペラで柔らかく,写真右側のベルトガイド部が旧型より短い。

画像の説明
するとどうなるかという図。ベルトの軽いねじれで,簡単にベルトが斜めに噛み込んで動かなくなってしまう。

ほび男さんその2

ラゲッジスペースの厚さ1cmを超えるモコモコのマット。取っ払ってみた。エンジン音がやたら五月蠅くなった。どうやら吸音材の役目も果たしている模様。結局元に戻す。
TE250が積めるか試してみる。まずはタイダウンでフロントを縮める。あり得ないくらい縮める。頭入ったけど,バイクが直立状態から全く傾けられない。少しでも傾けるとハンドルが天井に突き刺さる有様。フロントサスペンションにもとっても悪そうなくらいまで縮めないと入らない。まだ縮め代は残ってるけど,これ以上縮めるのは怖いので却下。やっぱりFタイヤを小径のに変えるしかないな。
画像の説明
と,言うことで材料は買ってきた。台車用?の10インチタイヤ。車軸代わりのステンパイプ。10インチタイヤの車軸16mmに対し,TE250のFフォークのシャフト軽28mmの差を埋めるための,塩ビパイプと太さ調整用にと塩ビパイプ用継ぎ手。でっきるっかな,でっきるっかな〜♪。暇を見て工作するかな…。

ほび男さん

画像の説明
てなわけで,ほびおさんがやって来ました。移動だけ考えたらやっぱり車は楽だわ。ウチの回りは,所々離合不可能なくらい車幅狭いのに一方通行じゃない,という道が多いもんで,軽自動車サイズより大きなのはちょっと避けたい感じ。でもやっぱり軽エンジンの非力さは否めないんだけど。あとMTだとやっぱりタコメーターは便利。フロアマットはネットでアクティバン用のゴムマット入れたら,後席は一部カットしなければいけなかったけど,前席はぴったり。あとラゲッジスペースに轢いてあるフェルト+スポンジクッションのカバーが無駄にごわごわしてるんで,軽トラ用ゴムシートに置き換えを画策中。営業車かよ?みたいな…。
なんでほびおさんなのかというと,今思えばまずバイクを乗せるトランポとして探し始めたのが元凶かと。バイクを乗せる軽トランポとして探すと,ネットではサンバーが大絶賛されている。軽バンの中で最も高さのある開口部とか。ま,他は他車と比べると似たり寄ったりっぽいんだけど,曰く「数字に表れない積みやすさ」が,在るらしい。で,ここでFRレイアウトに対するRRレイアウトの優位点に洗脳される(ぉ。で,いざサンバーを!と思うも,外観がどうにもダサい。軽バン自体が既にダサいんだけど,その中でもキャブオーバー故のダントツに古くさいダサさ。どーせ一人でバイク積んだり買い物の荷物積んだりするだけなんだから,外観にこだわっても仕方がない。100歩譲って外観は妥協出来たんだけど,それ以上にホイールベースの短さから来る,直進安定性の悪さがネックに。遠出で高速乗る事は想定内。キャブオーバーのハイゼットで高速飛ばした時の「真っ直ぐ走らなささ(常にハンドルの微調整がいる)」は結構怖かったんで,サンバーは却下に。
で,ここで「FRはエンジン近くて五月蠅い・シート下にエンジンあるから熱い」というFRアレルギーに既に洗脳されていて,すると選択肢はMRレイアウトのバモス一択に。でもバモスも,ダイハツやスズキに比べると装備がチープで色々と見劣りしまくりで悩むも,それでも5ナンバーで唯一MT設定があるのがバモスだけ。でもやっぱりバモスの装備とかエンジンとか古くさい。ちらっと乗用グレードのアトレーとかエブリィを見てみたら,装備豪華なんだけどそのぶんどえらいお高い。4ナンバーのハイゼットやエブリィならお値段お手頃でMT設定があるんだけど,実車見てみたら,さすが貨物車というだけあって内装が想像以上に残念な仕様だったんで結局バモスに。あ,三菱とかはなんかすっかり忘れていました。
実際エンジンは高回転まで回さなければ,廻ってるのかどうかよく分からないぐらい静か。アクセルの煽り加減が判らずに1日で3回もエンストしましたよ。しかもエンストした瞬間,もともと静かだからちょっとステレオ鳴らしてたりすると止まっても音では判らず,コンソールの表示見るまで気付かないと言う…。もう10年以上もフルモデルチェンジを一度もしていなくて「10年前の車,今でもだらだらとそのまま売ってます」状態。他社比較すると,後席窓やサイドミラーが未だに手動で電動のオプションも無いとか,ぶっちゃけMRレイアウト以外に殆ど優位点のないほびおさんですが,ま,ぼちぼちつきあって行こうと思います。

AT

半日ほど,ちょっと荷物抱えてあっちこっち廻ったりする用事有ったので,レンタカーでマーチ(AT)借りる。堕落しまくり。だって便利なんだもん。
先日,試乗で,軽ワゴンの3速ATというものに乗ったけど,やや坂道で法定速度にて速度微調整してるだけで「も〜(3速)→うー!(2速)→も〜(3速)」の繰り返しでギアが安定せず,車重が1tもあると軽の3速ATはゴミだと思った。だけど,たぶん1000ccの4速ATのマーチだとそんな事はなく,まぁ快適。ただ,ウチの意図よりも常にギアの選択が高めな気がした。そしてキックダウンの反応が遅い。ま,このあたりは10年落ちの中古レンタカーなのでしかたない所か。借りる時にも「もう古いんでホント力無いですから」って言われたし(ぉ。
とりあず,ATは最低でも4速いるだろう,と思った。あと,パワーが無いからとキックダウン良く使ってると,アクセル操作がなんだか家庭用ゲーム機でする車ゲーの,ボタン操作みたいな気がして違和感あったりとか。