第11番胸椎圧迫骨折その後

写真は3ヶ月ほど経った時のもの。骨折としては治癒してます。

今では受傷からから9ヶ月ほど経ちますが、くさび型に圧壊した背骨は元に戻る事なく症状固定ってやつです。

腰ではなくもっと上の方の骨だったのと、神経症状が出なかったのは不幸中の幸い。

その現状という名の後遺症の報告…。

運動機能

前屈、上体そらしともに異常なし。

体をひねると左旋回の途中で、背中が痛くなってそれ以上回らない。

右旋回は多分影響でてない。

日常生活

重いものを持つ時、背筋真っ直ぐにしてたらだいたい大丈夫。背筋曲げてやるのは普段から怖いからやらないのでわからない。

腰じゃなくてだいぶ上の方なので、一般に考えるような「腰に負担のかかる動作」ってのはだいたい大丈夫。

あかんのは、ラジオ体操のジャンプするやつ、背骨が少し痛い。

あと寝起き。布団に横向きに寝るのは問題ないけど、仰向けになった直後、背骨が「ミシミシミシ…」って伸びてるのか縮んでるのかわからない感じで痛む。数秒から十数秒そのままの態勢維持すると痛みなくなる。

起きる時も、体捻ってふつうに起き上がるの厳しい。「捻る」+「起き上がる」でミシミシ痛い。まずうつ伏せに転がってから、膝と腕で体を浮かせてそれから立ち上がる動作なら大丈夫。


まぁ、そんな感じでなんとか生きてます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。