ドラム式洗濯乾燥機デビュー

「おれは『洗濯物干し』をやめるぞ
ジョジョ──ッ!!」

はい、すみません、これが言いたかっただけです。「ドラム式洗濯乾燥機」買いました。乾燥まで全自動のやつ。

去年の春頃から、ずーーーーーーっと気にはなっていたんですよ、ドラム式洗濯乾燥機。電気屋の決算セール時期なんで、店頭販売でもまずまずの価格。

問題は搬入・設置がスペース的に可能かどうか?という所ですが、配達時に入らなかったら返金出来ると言われて一安心。結構大変そうでしたが、なんとか置けました。

今時のドラム式洗濯乾燥機

ドラム式洗濯乾燥機って、一般に市場で認識されるようになったのは2000年頃からで、登場からまだ20年くらいの比較的歴史の浅い家電です。

初期の頃は壊れやすかったり乾燥といっても生乾きが当たり前だったり、色々と課題があったようで。そして、そのあたりの対策が進んだのは、ほんのここ4〜5年だとか。
(まだちょっと課題はありますが…)

大きい割に実は扱える量は少ない

洗濯11kg/乾燥6kgと、一見、一人暮らしにしてはかなり大型のように見えますが実はそうでも無かったりします。

まず、乾燥まで出来るのは6kg。でも取説見ると「乾燥の質が不十分な場合は4.5kg以下にしてみてください」と、しれっと書いてたりします。6kgというのは本当に乾燥の限界量みたいです。

4.5kgっていうと、前使ってた小さめの縦型洗濯機の4.2kgと大して変わんない。一人だと2日に1回の洗濯でちょうど良いけど、4人以上の家族とか洗濯物多い家庭だと、1日1回でも足りないんじゃね?と。

メーカーも苦労して「一般家庭の洗濯機スペースに置けるサイズ」に収まるように設計してるんでしょうが、少子高齢化を狙ったのかそれ以上大きくするつもりも無いんですかねぇ。

“ドラム式洗濯乾燥機デビュー” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。