AM6エンジンの強化クラッチ

ヤマハ子会社のMinarelli社、AM6エンジンを搭載するRR50Factory。前オーナー曰く、Betajapanから購入してから一度もクラッチ交換していないと。

上:新品の標準品/下:元から入ってた強化品
上:炭化した標準品/下:新品の強化品

写真上が、既に炭化してますが標準品のフリクションプレート。下がFantic用として出ていた強化クラッチのフリクションプレート。ウチのRR50に最初から入っていたのは、この強化品と同じものでした。

強化クラッチ自体は、Betaではなく何処かのメーカーが作ったんだろうけど、どう言う経緯かわかんないですが、ウチのRR50には強化品のフリクションプレートが最初から入っていたようです。

パーツリストによると…

RR Enduro 50 Factory [2014]

2014モデルのパーツリストにはクラッチ(16,17)の品番は1種類しか載ってません。

RR Enduro 50 Racing [2017]

新しい年式のパーツリストを順に追っていくと、2017でRacingモデル用に、初めて強化クラッチのパーツ品番が記載されるように…ってそんなん分かるかぁ!


強化クラッチ入れてから、とりあえず3時間レースで酷使しても平気?でした。どちらもペーパーパッドだと思うんだけれども、何が違うか?って言うとよく分からない。

見た目ではパッドの形状の違いと、材質がよりきめ細かくなってる感じ?

とりあえず、これでようやく安心して乗れるようになりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。