樹脂製ハンドガードあむない

樹脂製ハンドガード
レース用途のハスクには金属製のハンドガード付けてたんですが,ツーリング&林道用のBetaには樹脂製のハンドガード付けてたんです。
ただこれ,転倒時に良く回るし曲がるし折れると言うね…。いやまぁ,軽いのは良いんですけど。
まぁレバーさえ折れなければ良いや…と,折れにくいレバーに変えたりしたんですが,ハンドガードはそのまんま。



するとこういうことになったわけで…。
転倒時に,クラッチレバーに掛けていた人差し指先端を,レバーと「何か」の間に挟み込んで,指先がぱっくりと裂けてしまい縫うハメに…。
受傷時は寒さで普通に指先痺れていたので,最初怪我したことに気付かず。
バイク引き起こそうとしたら,あまりにも指先の感覚がなさ過ぎて,コレはおかしいと手を見たらグローブの上まで血が染み出してて「あ,ヤバい?」って手袋脱いだら手の平まで血だらけ大洪水…。
痛みはというと「真冬バイクの手先の痛みmax*1.2倍」くらいで,痛いっちゃぁ痛いけど騒ぐほどの痛さでも無い感じ。
大変有り難い事に,その場に居た方々に色々と助けて頂いて,幸いにして受傷後すぐに病院で縫い合わせて貰えました。
(後で分かった事ですが、受傷から6〜8時間経つと感染の可能性が高く縫合出来なくなるとか…。)
因みに,意外に人差し指使えなくても,利き手では無かったこともあり日常生活は思ったほど不便でも無く。
風呂で濡らさないようにするのがちと面倒ですが。


!!クリック注意!!
耐性の無い方は右のイラストをクリックしないように。(指先の写真が出ます)
イラストで説明すると,ギザギザ線の所が傷口で,斜線のあたりまで肉が裂けてるっぽい感じでした。
たぶん挟んだときに,挟みながらスライドするような力が掛かり,指の肉がずるっと持って行かれた感じ。
ガーゼ当てるために横から指を押さえると,傷口の手前側の肉が浮き上がりそのまま横にスライドしやがるという…。
止まらない血と,ぷらぷらしてる裂けた肉のほうがみてて怖かった…。
そんなわけで「固定しやすいから」と言うことで,爪ごと縫われました。爪伸びたらどうすんだろ…。
案の定,縫い合わせた後の麻酔が切れてからが,本当の痛みとの戦いでした…。


縫合はコース近くの病院でしてもらい,その後近所の外科を受診しましたが,どっちの先生も「形は歪になるだろうけど肉は付く」とのこと。目下の心配は,傷が大分深いんで神経どうなるかなーと。
あんまり聞いた事無い受傷例なんで,かなりレアケースかもしれませんが今後は金属製のハンドガード一択かな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。