ニーブレースさらに新調


剛性のなさに不安を感じつつ、今年からLEATT C-FRAMEからPODMX K4に変えて使用していたんですが、色々あったりで、本格的にバイク乗り始めたのは気温が下がり始めた10月頃から。本格的に乗り出すと、乗り終わると右膝に違和感や痛みが出る>平日の間にマシに>休日にバイク乗ってまた傷める…っていう繰り返しになりつつありました。

そして、この前の丸太祭りの後、とうとう平日もニーブレースが無いとまともに歩けない状態に…が、まだ続いています。毎朝布団から起き上がるのが、地味に難易度高い…。徐々にマシにはなってますが、まだもう1週間+α掛かりそうな感じ。どうにもニーブレースで右膝の補助をしきれて無かったようです。

確実?なのは、残ってるダメダメな靱帯引きちぎって新たに再建手術すればいいんでしょうが、1週間とは言え入院が必要ってのがねぇ…。色々あって入院できんのよね。さらにリハビリに半年かかるって言うし。

そんなわけで、手術以外の選択肢として最後の望みを掛け、ニーブレースをまた新調。

POD MX K8 2.0

同じPOD MXのK8 2.0。選んだ理由は二つ。

  • しっかりとした剛性があること(カーボン製)
  • サイズに遊びが無い事。

特に二つ目が重要で、K4はコストダウンのためにMサイズとLサイズが共用なんですよね。ウチの場合、K4のM/Lサイズはちょっと大きかったんです。

POD MX K4

膝の左右はパッドが付いていて調整出来るんですが、膝の上下、特に太もも側のホールド感が乏しかったんです。(写真で矢印の箇所) ベルトで締め付けられると言っても、元々フレームの左右幅に余裕が有る状態でベルト締めたところで、動きにくくなるだけでちっともフィット感向上せず。

K8ではMサイズとLサイズが別製品になっていて、K8のMサイズ試したところ採寸したオーダーメイドの如くピッタリサイズ。

健常者が怪我防止のために装着する分には、多少隙間が有っても良いのかも知れませんが、既に靱帯傷めてる場合の補助装具として使うならば、サイズ選択は慎重に行った方が良いように思います。

ちなみにこのK8、北米ではFDAから医療器具として認可を受けてるとか。残念ながら日本ではそうでは無いですが、コレで駄目なら、医者に処方箋書いてもらって、右足だけでも保険適用でオーダーメイド作って貰えないかなぁ…。


蛇足

LEATT C-Frame

ちなみにC-Frameだと、上側フレームはネジ止めで幅調整が可能。太ももをフレームでがっちりと左右から押さえてます。この点はLEATT優秀なんだけどなぁ。

参考までに、それぞれの重量測ってみました。

  • LEATT C-Frame : 860g
  • PODMX K4 : 633g
  • PODMX K8 2.0 : 680g

K8が「カーボン製で超軽量!」って謳っている割には、下位モデルのK4より重くて草。

仕様ではK8のほうが軽いことになってますが、パッドやベルト・膝カップなど全て装着状態だと逆転するようです。

AM6エンジンの強化クラッチ

ヤマハ子会社のMinarelli社、AM6エンジンを搭載するRR50Factory。前オーナー曰く、Betajapanから購入してから一度もクラッチ交換していないと。

上:新品の標準品/下:元から入ってた強化品
上:炭化した標準品/下:新品の強化品

写真上が、既に炭化してますが標準品のフリクションプレート。下がFantic用として出ていた強化クラッチのフリクションプレート。ウチのRR50に最初から入っていたのは、この強化品と同じものでした。

強化クラッチ自体は、Betaではなく何処かのメーカーが作ったんだろうけど、どう言う経緯かわかんないですが、ウチのRR50には強化品のフリクションプレートが最初から入っていたようです。

パーツリストによると…

RR Enduro 50 Factory [2014]

2014モデルのパーツリストにはクラッチ(16,17)の品番は1種類しか載ってません。

RR Enduro 50 Racing [2017]

新しい年式のパーツリストを順に追っていくと、2017でRacingモデル用に、初めて強化クラッチのパーツ品番が記載されるように…ってそんなん分かるかぁ!


強化クラッチ入れてから、とりあえず3時間レースで酷使しても平気?でした。どちらもペーパーパッドだと思うんだけれども、何が違うか?って言うとよく分からない。

見た目ではパッドの形状の違いと、材質がよりきめ細かくなってる感じ?

とりあえず、これでようやく安心して乗れるようになりそうです。

丸太祭りに2st80ccで出てみた

丸太祭り

膝伸ばしたら、もうちょっと格好良かったんですが、丸太越えられたのでまぁ良しと。

関西のとある地方に伝わる「年末にバイクで丸太を越える」という奇祭に出てきました。

RR50Factoryで。

2st80ccの実力

初めて林道に行ったときは「なんじゃこりゃ」状態だったんですが、徐々に半クラを使った2stの乗り方が分かってくると、これは良い、凄く良い。

異常なクラッチ摩耗にもマケズに、ようやく強化クラッチを手に入れてまともに走ることが出来ました。

3時間レースの1時間過ぎで、リアブレーキぶっ壊れたけど…。(ぉ

丸太越え

軽さは命。

フロントアップが簡単に上がるし、フロントさえ丸太の上に乗せてしまえば、あとはスルスルと車体が上がって丸太を越えてくれる。

自分が巧くなったように勘違いしますが、ウチの腕じゃ多分、RR4T125
LCやTE250iじゃ、まだ丸太越えは厳しいような気がします。

モトクロスコース

コースにも依るけど、阪下みたいなコースだと4st183ccのRR4T125LCより速く走れる気がします。

ピークパワーでいくと、多分4st183ccよりちょっと下なんだけど、4stと違って小排気量の2stだと、クラッチ切ってアクセル煽ると、ほぼ一瞬で最高回転数=ピークパワーが引き出せるのが強い。

4stだと、どうしても「ぶうう〜ん」って、回転の上昇がちょっと遅い。

その上、RR4T125LCの乾燥重量103kgに対してRR50Factoryは85kg。20kgの米袋一つ分くらい車重が違うのもあって、平地なら加速は2stに分がある感じ。

一方で、長い登り坂なんかは苦手。ストレートで終始アクセル全開にできるなら良いけど、途中コーナーになってる登り坂なんかでアクセル戻したらそこで終了。あとは1速全開で半クラ使って、のろのろ進んでなんとか…って感じに。


モトクロスの2st85ccのキッズや、そこから上がってきた人達が鬼のように速い理由がちょっと分かった気がします。

90%の壁

前回のアルコピアがこちら。

あんまりにもふがいない結果で「これはいかん」と自覚。

で、事前にちょっと頑張ってみて臨んだ、今回の朽木では、バテる事無く良い感じのペースで走れていたように思ってたんです、走ってる間は。

ま、動画見返しても分かるように「それほどでもない」感じ。ダラダラと速度落としすぎてる箇所多いし。

いつものTopとのリザルト比較がこんな感じ。

ベストラップのラップタイムがイマイチ。トップスピードが足りてない臭い。

阪下はコースレイアウトが他とはかなり違う感じなので比較対象から外すとして、ラップタイムがTopに対し未だに90%届かない。

4st250ccのTE250がぶっ壊れたもんだからって、一時的に非力な4st182ccのRR4T185LCに乗換えて、ラップタイム上がってるの「なんでやねんッ」って感じです。(*1)

なんとか80%越えたのは、まぁTE250iにバイク乗換えたお陰なんだろうなぁ。

バテずにペース維持して周回できれば、クラス10位以内(表彰対象)行けるんじゃね?っていう妄想は打ち砕かれました。(ぉ

ここしばらくはHardenduro寄りな練習に重点置いてましたが、Motocross的な練習が足りてないッぽい。


*1)

エンジンもサスペンションもショボいんですが、フレームのディメンションだけは自分にとって凄く合ってたんですよねBeta。前の4stHsqがエンジンもサスペンションも良かったのにフレームが全然自分に合わなかったのと対照的に…。

えらい人曰く、バイクの性格はフレームで決まるから、そこからセッティング変更で変えられるのはたかが知れてるし、元々好みが合わないバイクをセッティングで合わせるのは無駄な苦労…だそうな。

幸いに、新しいTE250iは今のところ好みに合ってるっぽいです。