関節固定用伸縮性テープ

ちょっとテーピング凝ってるんですが、筋肉に沿って貼るよく伸びる「キネシオロジテープ」や、ガチガチに固定したいときに貼る全く伸びない「ホワイトテープ」は近所のドラッグストアに沢山置いているものの「関節固定用(少し伸縮性あり)」というテープになると殆ど置いてないんですわ。でも今回はソレが必要。

通称?は特定メーカーの製品名を指して「エラスチコン」とか「エラスティック」とか呼ばれているようです。あと剣道界隈では「焼きテー」という俗称まであったり。他のメーカーから同等品も出てるのですが、当然ながら他の名称が付いてるので中々分かりにくい…。

で、色々調べたところ「関節固定用(伸縮性あり)」というのが、一般的な名称のようで。

そんなわけで、とりあえず3種ほど買ってみました。右から、

  1. Actimove Elastic Tape (旧J&J エラスチコンテープ同等品)
  2. ニトリート スポーツテープ<固定用>ソフト伸縮タイプ (EBHテープ)
  3. ニトリート スポーツテープ<固定用>ハード伸縮タイプ (EBテープ)

テープの硬さや引っ張ったときの伸びの硬さは、3/1/2の順番でした。

最初EBテープ使ったんですが、しっかり固定するにはほどよい硬さなんですが、テープ自体が少し固くて、アンダーラップ無しに巻いたらエッジの所で皮膚が切れちゃいました。引っ張りながら巻くと相当固く締まるので、あまり引っ張りすぎないように巻いた方がいい?

エラスチコンテープはEBテープよりも伸びるので、EBテープと同等に固定するには、さらに引っ張りながら巻く感じ。引っ張り加減で固くも緩くも巻けそうです。よく見るとエッジの部分だけ糊が付いて無いので、エッジで皮膚を痛めるようなことが無さそう。さすが…。あと隙間も多く通気性も良さそう。

EBHテープは先の二つよりもだいぶ薄く、バネ性も低く軽く引っ張ったらすぐに基材の限界に達して伸びなくなるので、少なくとも今回の関節の固定用途には向かない感じ。

レース会場で、出走前にテーピングする姿をよく見るようになりましたが、中々奥の深い世界。WEBでググっただけだと情報が発散しすぎていまいち全体像が把握しづらい感じ。

本でも買うかなぁ。

カテゴリー: 未分類 タグ: パーマリンク

関節固定用伸縮性テープ への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 関節固定用伸縮性テープ(その2) | 人生という名の酷道で遭難中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。