現場対応

とある釣り銭自動式のレジにて。なんだかエラーがでて、釣り札は出てくるも小銭だけが出てこない模様。

レジの画面にはエラーを示すダイアログが表示されていて「釣り銭機を開けて、手動で釣り銭を取り出してください」と書いてある。そうなると思ったのに、そっからが長かった…。

  1. レジの担当者が、内線で担当者を呼び出すも応答が無い模様。とりあえずレジ閉鎖して、目の前で待ってるウチ放置で、後ろの客の誘導を始める。まぁしょうが無い。
  2. 切迫した様子で、ひたすら担当者を呼び出すも応答が無く、隣のレジの人が心配してやってくるも状況変わらず。少し遅れて、Yシャツ姿の担当者?登場。
  3. そこで小銭を渡してくれるかと思いきや、釣り銭機を開けて閉めてリセット!。
  4. すると、また「釣り銭機を開けて、手動で釣り銭を取り出してください」の表示。そっからまた、釣り銭機を開けて閉めてリセット!。釣り銭機に息吹きかけたりしてたかな?ブロアとかじゃ無くておっさんの吐息。意地でも手動で釣り銭取り出してくれない模様。
  5. 3〜4回くらい同じ事繰り返してだいぶ経ってから、ようやく諦めて釣り銭機から直接小銭取りだし。釣り銭受け取ってようやく解放される。まぁ10円なんですが。

ま、色々言いたいことはあるんですが、とりあえずエラー画面のダイアログの文言。

こう言うのって、何気ない文章だけど文言の一字一句を凄くよく考えて作るもんなんです。おそらくこのエラーの文言作成した人も「修理の対応よりも、まず目の前のお客さんへ釣り銭を渡すことを優先した方がいいだろう」と思い「釣り銭機を開けて、手動で釣り銭を取り出してください」って表示したんだろうなぁ…と。

でもまぁ、実際の現場ではこんな扱いになってしまうんだ…と、文言作成した人にちょっと同情。

“現場対応” への2件の返信

  1. これをヘタにクレームに上げられて、現場のことを知らない権力を持った人がメッセージを
    改悪するという流れになりませんようにナムナム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。