整形外科

整形外科ってろくな思い出がない…。
その1。
実家近くの古くからある整形外科。5年ほど前に左足首を痛めたとき行ったら「足首が痛い」って言ってるのに「足の指が腫れてる,きっと骨折」「レントゲン撮ったけどひびも見つからないけど,たぶん骨折」,でもやっぱり足首が痛いと訴えても「足首が痛いのは庇って歩くせいだ」と取り合ってくれない。不信感MAXな感じで途中から行かなくなりました。そして,5年たった今でも時々左足首の筋に焼けるような痛み…。
その2。
近所にあった所謂地域の総合病院。紹介状無くてもOKな規模。右腕がチリチリと痺れるもんだから行ってみたけど,レントゲン撮って問診のあげく「レントゲンじゃよく分からないから,本当に心配なら精密検査するからまた来て。」いや心配だから来たんだけど…やっぱり不信感。痺れはたいしたもんじゃなかったからそのまま放置。
その3。
その2の翌年,右腕の痺れが「なんとなく痺れる」から「痛くてたまらない,寝られない,うまく腕が動かせない」にレベルアップ。同じく実家からちょっと離れたところにある整形外科,お父さんの知り合い曰く比較的評判が良かった?らしんだけど今はその息子がやってる。問診受けたけどあんまりよく分からんらしい。処方してもらったロキソニン&ロキソニンテープで劇的に症状緩和出来たからしばらく通院。リハビリ(マッサージ)受けたけど,3人くらい居るリハビリの先生の言うことや施術が全部バラバラ。カルテ共有してないんかい。ただ,その中に一人だけとても良いリハビリの先生が居て,凄く的確に症状を言い当てて,マッサージの効果が劇的。曰く,肩こりが原因。ウチ自身は肩こりを自覚しにくい体質らしい。その病院でも1・2を争うくらいの凝りっぷりだったらしい。主治医の先生は月1(リハビリは毎週)の診察で相変わらず首をかしげるばかり。とりあえず痺れは毎年冬にしか出なくて,肩こりの薬で改善するので今は自分で対処。
その4。
そんなわけで,膝を痛めた今回,今度こそは?と自宅近くで,あくまでネットの評判ながら評判の良いらしい?整形外科を受診。中規模の総合病院は良い思いしたことないので専門に絞る。結構お年を召した先生(院長)。あんまりこっちの言うこと聞いてるのか聞いてないのか分からない感じ。だけれども,淡々と手慣れた感じで膝から注射器で溜まった血を抜き取る。その病院にMRIが無いのが気がかかりだったけど,近くの総合病院と提携?してるらしく,そこ行ってMRI撮ってきてと。で,翌日MRI撮ってまた診察受けたら今日は別の先生。その日だけ院長先生はお休みらしい。壮年の押しが強い感じの先生。曰く「靱帯は切れては無いけれど緩んでいてダメになってる,手術お勧めだけれども,とにかく大きな病院で見てもらいなさい」と紹介状。その大病院で改めてMRI取り直して,新しい先生曰く「靱帯の緩みはMRIで分かるようなもんじゃないから…。」ええぇぇぇ。関節鏡つっこんで靱帯直接引っ張って分かるようなもんらしい。
今度こそちゃんとした先生だったらいいなぁ…と思いつつ,3月末で別の大病院に転職だそうな。とりあえず転職先の病院への紹介状貰ってきた。
って言うかね,既に家の近所でもなく土曜診察でも無い病院なんで,もし手術することになったら,いっそのこと府下で靱帯再建で超有名な某病院へ直接行くのもありなんじゃないかって気がしてきた…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。