第11番胸椎圧迫骨折その後

写真は3ヶ月ほど経った時のもの。骨折としては治癒してます。

今では受傷からから9ヶ月ほど経ちますが、くさび型に圧壊した背骨は元に戻る事なく症状固定ってやつです。

腰ではなくもっと上の方の骨だったのと、神経症状が出なかったのは不幸中の幸い。

その現状という名の後遺症の報告…。

運動機能

前屈、上体そらしともに異常なし。

体をひねると左旋回の途中で、背中が痛くなってそれ以上回らない。

右旋回は多分影響でてない。

日常生活

重いものを持つ時、背筋真っ直ぐにしてたらだいたい大丈夫。背筋曲げてやるのは普段から怖いからやらないのでわからない。

腰じゃなくてだいぶ上の方なので、一般に考えるような「腰に負担のかかる動作」ってのはだいたい大丈夫。

あかんのは、ラジオ体操のジャンプするやつ、背骨が少し痛い。

あと寝起き。布団に横向きに寝るのは問題ないけど、仰向けになった直後、背骨が「ミシミシミシ…」って伸びてるのか縮んでるのかわからない感じで痛む。数秒から十数秒そのままの態勢維持すると痛みなくなる。

起きる時も、体捻ってふつうに起き上がるの厳しい。「捻る」+「起き上がる」でミシミシ痛い。まずうつ伏せに転がってから、膝と腕で体を浮かせてそれから立ち上がる動作なら大丈夫。


まぁ、そんな感じでなんとか生きてます。

約2ヶ月目の診察

脊椎の骨折は、どうしても体重が掛かってしまうから、骨折後も体重でちょっとづつ潰れながら(圧壊)固まっていくそうで。

酷い時は、繰り返しの圧力で折れた骨が何時までも固まらない場合も有るとか…。

そんなわけで、これまで2週間おきにレントゲン撮りに行ってて、その経過が、

  1. 受傷翌日→1週目のレントゲン
    • 良く見たら分かる程度に圧壊始まってて、ちょっと背骨が短くなる。
  2. 1週目→3週目のレントゲン
    • 素人目にも明らかに分かるレベルで背骨が短くなってて凹む。
  3. 3週目→5週目のレントゲン
    • ようやく圧壊が止まってそう。
  4. 5週目→7週目のレントゲン
    • 同じく圧壊の進行は見られず。

てな感じで、ようやく次のレントゲンは一ヶ月後で良いとの事に。

わ「もうコルセット外していいんですか?」
先生『ん〜、あと1週間で2ヶ月だから、念のためあと1週間だけ。』
わ「それ以降は外していいんですか?」
先生『付けたり外したりで』
わ「?」
先生『腰に負担が掛かるような時は付けてね。長時間の車の運転とか』

なんか有耶無耶にされた気がする。

試しに工具箱(10kg弱くらい)持って動かしてみたら、その後しばらく腰痛い。バイク乗れるまではまだもうちょっと掛かりそう。

とりあず「玉を挟んだ時に下っ腹の奥がぐぅぅって痛くなる感覚」と良く似た感じの神経痛はほぼ消えました。

第11胸椎圧迫骨折

骨折も色々やりましたが、とうとうアカン奴やってもうた感です。

受傷時

バイクでこける時に、たまたま運悪く尻餅付くようにお尻から着地。着地した瞬間腰骨のあたりに激痛。そのまま横に倒れ込み、胸を打った時のように息が浅くしか吸えない。

不思議とお尻は痛くなかったものの、腰骨・・・というより下腹部全体が痛い。お腹を壊して痛い感覚と違い、打撲の痛みがお腹の中全体からする不思議な感覚。

一緒に居た人から「足動く?手動く?」と聞かれて慌てて確認すると問題なし。ちょっと一安心。

5分くらい横になってたら、少し痛みマシに。でもまだ起き上がろうとすると激痛。

さらに2〜3分くらいすると、なんとか座ったまま上体起こせるように。背筋を伸ばし上体を直立させてたらだいぶマシっぽい。

そして、上体を直立させた姿勢を維持しつつ、立ち上がれるように。とりあえずバイク乗ってトランポまで戻る。
(1kmくらい、今思うとあの状態でよくバイク乗れたもんだ)

手持ちのロキソニン飲んだら大分楽に。バイク積込みは手伝ってもらいつつも、帰ってから下ろすのは一人で出来た。

翌日

このまま回復するんじゃ?という淡い期待は、ロキソニンの効果が切れた事により望みが無い事を実感。ロキソニン飲む前の状態に逆戻り。

まーいちおう骨に異常がない事だけでも見てもらおうか…と軽い気持ちで、いつもの整形行ったら「折れてるね」。orz

折れたところ

Picture by Anatomography(2013) / CC-BY-SA-2.1-JP

上の画像で説明すると、色が付いてるのが胸椎で、下から2番目の水色のが第11番胸椎。

レントゲンで「これだね」って言われても素人目には潰れてる事が分からないくらい。でも11番胸椎の上下の脊椎と比較すると、11番だけがちょっと短く、ちょっとお腹側が薄くなってる事が分かるくらいにはひしゃげてました。

下腹部の神経が集まってるそうで、受傷時のお腹の変な痛みというのは、神経が圧迫されて起こった物らしい。今でも、脊椎自体の痛みよりも先に、下の方の背筋のあたりが先に痛みます。

わ「治るまでどれくらい掛かります?」
先生「3ヶ月やね」
わ「1ヶ月後にバイクのレースあるんですけど出られますか?」
先生「う〜ん、2ヶ月は待って」

何を値切ってるねんw

今思うと、3ヶ月って言ってるのに、聞く方も聞く方だけど、先生もよく答えてくれたもんです。

治療

コルセット固定による保存的治療。コルセット出来た時にも、先生から「2ヶ月ね!」って念押しされました。

コルセット出来るまでは、自分の腹筋背筋で上体が傾かないように意識して生活しててました。自分の上体がけん玉の球でそれを常に落とさないようにしてるようなイメージ。

それからすると、コルセットあると大分楽に。


そんなわけで、しばしバイクお休み。コレから蒸し暑くなる時期だしまぁいいか…という気がしないでも無い。