TE250iでオンロード

折角ナンバー取ってるんで、On/Offタイヤ履いて近所をふらっと100kmほどプチツーリングしてきました。

巡行は割と楽

幹線道路をそれなりのスピードで流していて思ったのは「125LC(183cc)より楽やん?」

やっぱり排気量が大きいので、より低い回転数で速度維持出来る分、振動控えめな分楽です。ちゃんとバランサー付きのエンジンですし。とは言え、2stのチャンバーの音やっぱりうるさいよ…。

このところ小排気量ばっかり乗ってたから「アクセルはストッパーに当たるまで」が原則でしたが、このバイクは公道でソレしたら危険が危ない感じ…。レース中では全開まで使うんですけどね。

加速は車体が軽い分もあり相当あるように感じますが、パワー的には4st400ccマルチのフルノーマルにちょい足りないくらいなんで、開け切ってしまえば大したことないのかもしれません…たぶん知らんけど。

航続距離

燃費は、街乗りストップ&Go:非高速な快走路が、4:6くらいの感じで、22km/Lくらい。タンクが9Lだから、だいたい航続距離180~190kmくらい。高速とか乗るとまだ伸びるんかな?

十分ではないけど、まぁなんとかなる範囲。RR4T125LC(185)が30km/Lのタンク6.3Lだから、大体おんなじ感じ。

焼き付き防止機能?

レースユースでは気づかなかったんですが、長い下り坂でエンブレ使うと、だいたい0.5sくらいの間隔で「パンッ!パンッ!」ってエンジンが間欠的に大きめの爆発してそのたびにガクガクします。

推測だけど、たぶんエンジン保護のためにECUが強制的に燃料送りつけて爆発させてるような気がします。

オイルのインジェクタと燃料のインジェクタは別々にあるんですが、エンブレ中は焼き付き防止の為にオイル供給しつつ、プラグのかぶり防止の為に定期的に燃料多めに送って、燃やしているのかな…と。

足下めっちゃ熱い

ラジエーター・エンジンの廃熱で足が熱いとか、ZX6R以来ですわ。2st250ccともなると、それなりの廃熱になるようで。

一方で、今回のプチツーリング(気温30℃くらい)では一度もFANが回ることはありませんでした。

で、RR4T125LC(185)と比較して

車重は125LCより同等以下で、3桁km/hになってもハンドルは全くぶれないし、巡航も比較としては楽。そして足回りも良い。

やばい、125LCが勝てるのは、足つきとメンテナンスサイクルぐらいやん…。

 

ほうのきWEX

TE250iデビュー戦・・・ですが、結果はしょんぼり。レース中に足が攣るとか初めてですやん…。orz

いずれにせよ、その後も案の定バテてふらふら走り。おまけに熱中症で軽い頭痛がしますよ。

事前に「夏場のレースはバテるor熱中症なるから控えめで…」って思ってたのに、つい気がはやってアクセルガンガン開けてしまうと言うね…。

バイク自体は非常に宜しいです…が、やっぱ2stはまだ慣れてないっぽいです。

シフトタイミングが4stと大分違う。4stだと加速が一段落して一呼吸置いてからもゆるゆる速度が伸びて、それからシフトUPってな感じが、2stだと加速が終わったらもう吹けきってて最後のゆるゆる加速の伸びの部分が無い。そんなわけで気付かず下のギアでアクセル開けながら「いつなったら吹けきるんだろう?」っていうアホなことをしばしば…。

あと、アクセル開度に忠実に反応するんだけど、やっぱり2st、パワーバンドらしきものが有る模様。

8:40あたりからの長〜いヒルクライムで、助走が取れずに速度乗せられないと、2速では失速してしまう。まぁそれでも半クラ使ったら2速のままでも登れるくらいにはトルクある。

一方で1速で上がろうとすると、一定以上の速度になるとパワーバンド?に入り急な加速でタイヤが掻いてしまってグリップしなくなり逆に登らなく…。そんなわけで、グリップを失わないようにパワーバンド手前で頑張るという謎の走り方を習得。w

足回りは言うこと無しですね。5:00あたりからのガレた登りでスルスル走ってくれるし。まぁ多少は弾かれるけど。

あと今回、転倒は1回だけだったんですが、これも足回りの良さのおかげでは?と思ってます。

いつもはもっと転ぶんですが、今回は「あかん!」って思う事は何度か有ったけど、ふらついても転ばずなんとか耐えてくれました。

早く秋冬こないかな…、熱中症もうヤダ…。

TE250おさらい

TE250からTE250iに乗換えたのですが、”TE250″という型番のバイクは、各社で被っているのでそのおさらい。

Husqvarna(Italia) TE250(2003-2014)

スウェーデン発祥のハスクバーナから、2輪部門だけをイタリアのCagivaへ売却された時からの流れのイタリアメーカー製。

ウチが前乗ってたのがコレ。

元々は2stメインだったけど、最後の十数年は4stメイン。TEがなんの略かよく分からないんですが4stです。

2010にはX-Lightって言う4stエンジンにしては最軽量?のエンジンを新規設計で出してきて話題にもなりましたが、フレームはどっちかというとオフ車にしては直進性が強く、モタード向きだったかも知れません。

Husaberg(sweden) TE250(2011-2014)

ハスクバーナ2輪部門がCagivaへ売却された時に、イタリア行きを拒んだ社員がスピンオフしてスウェーデンに作ったメーカー。

元々は4stばっかりで、その後KTMに買収されKTMの2stエンジン積むようになったのがこのTE250。

Two Enduroの略らしい。因みに4stはFour Enduro。

Husqvarna(austria) TE250(2014-2018)/TE250i(2018-2019)

KTMがイタリアHusqvarnaを買収してぶっ潰して、傘下のHusabergの看板付け直したのが今のTE250。

2014モデルなんて、Husaberg TE250のカラーリングとロゴをHusqvarnaに変えただけ。

実質的には、Husaberg TE250の現行モデルであり、スウェーデン発祥のハスクバーナの流れも汲んでいるから間違ってもいない。

 

 

19ハスク来た!

去年の8月に予約を入れたものの、その顛末は下記の通り…。

ハスクバーナ2018オフロードモデル終了のお知らせ

あれから急転直下、2018モデルは終わったけど、2019モデルが今年は例年より早く入荷するという連絡が入りそれから…

ようやく来ました。ほぼ1年待ち。6月頭にはきていたんですが、アフターパーツ取りつけ&ウチの都合で延び延びになってました。

引取り前日はというと「こーなって、あーなって、ヒャッハー!」みたいな妄想が…ちっとも捗らない。

初めてでホビオに積込み出来るのか?というのと、先週のレースで肋骨をやってしまって痛みを抱えたまま積めるのか?と、不安いっぱい。

というか面倒くささ3割くらい。

待ち遠しさのwktkの気分は、待たされすぎてすっかり萎えてました。
(´・ω・`)

ちょっとインプレ

早速乗ってみましたが、控えめに言っても「凄く良い」。

バイクを小さく感じる

小さい、というのはバイクが巧く操れている時の感触。巧く操れていないと凄く大きく感じるんですわ。

KLX125>旧TE250>RR4T125LC>RR50Factory>TE250iと、オフ車を5台乗り継いできて、凄く今更感なんですが「旧TE250が(自分にとっては)凄く乗りにくいバイクだった」ということが、今更ながらに分かりました。(ぉ

KLX125から旧TE250に乗換えた時、操りにくくて凄い苦労したんですが、今まで「フルサイズだから」「自分が未熟だから」と思っていました。

KLX125は小さいから乗りやすい、RR4T125LCはフルサイズよりやや小さいんで乗りやすい、RR50Factoryは軽いから乗りやすい、だから「フルサイズレーサーだとまた大変なんだ」そう思ってたんです。

しかし良い意味で裏切られて、旧TE250を除いた4車種と同様程度に「小さく」感じました。

改良されたエンジンフィーリング

17のキャブ車TE250に試乗した時、下のトルクは2stにしては有る方だったけれど、それでも「中低回転ヌルヌル、一定越えるとグワァァ」って感じでした。

自分は乗ってないから分からないけれど、18TE250iは17のキャブ車のフィーリングに忠実だったらしい。

でも19モデルでは、2stらしからぬリニアな反応。アクセル捻ったら捻った分だけしかパワーが出ない。古い2stのようにパワーバンド入ったら勝手に加速なんて事無いから、全く以て「操れない怖さ」みたいなのは無し。半クラ使わなくても低い回転からアクセルワークだけでトルクモリモリ。

このあたりは、インジェクションのマッピングの改良なんでしょう。


一昔前までは「オフ車のレーサーなんぞ初心者に操れるもんか!」って言う意見が多く、実際そうでした。

二昔前まではロードバイクもその傾向でしたが、一昔前には既に「誰にでも優しく扱える」かつ「巧い人が操れば速く走れる」という様に煮詰められてます。

競技用のオフ車についても「誰にでも優しく扱える」かつ「巧い人が操れば速い」という域に来てるようです。