ほうのきWEX

TE250iデビュー戦・・・ですが、結果はしょんぼり。レース中に足が攣るとか初めてですやん…。orz

いずれにせよ、その後も案の定バテてふらふら走り。おまけに熱中症で軽い頭痛がしますよ。

事前に「夏場のレースはバテるor熱中症なるから控えめで…」って思ってたのに、つい気がはやってアクセルガンガン開けてしまうと言うね…。

バイク自体は非常に宜しいです…が、やっぱ2stはまだ慣れてないっぽいです。

シフトタイミングが4stと大分違う。4stだと加速が一段落して一呼吸置いてからもゆるゆる速度が伸びて、それからシフトUPってな感じが、2stだと加速が終わったらもう吹けきってて最後のゆるゆる加速の伸びの部分が無い。そんなわけで気付かず下のギアでアクセル開けながら「いつなったら吹けきるんだろう?」っていうアホなことをしばしば…。

あと、アクセル開度に忠実に反応するんだけど、やっぱり2st、パワーバンドらしきものが有る模様。

8:40あたりからの長〜いヒルクライムで、助走が取れずに速度乗せられないと、2速では失速してしまう。まぁそれでも半クラ使ったら2速のままでも登れるくらいにはトルクある。

一方で1速で上がろうとすると、一定以上の速度になるとパワーバンド?に入り急な加速でタイヤが掻いてしまってグリップしなくなり逆に登らなく…。そんなわけで、グリップを失わないようにパワーバンド手前で頑張るという謎の走り方を習得。w

足回りは言うこと無しですね。5:00あたりからのガレた登りでスルスル走ってくれるし。まぁ多少は弾かれるけど。

あと今回、転倒は1回だけだったんですが、これも足回りの良さのおかげでは?と思ってます。

いつもはもっと転ぶんですが、今回は「あかん!」って思う事は何度か有ったけど、ふらついても転ばずなんとか耐えてくれました。

早く秋冬こないかな…、熱中症もうヤダ…。

サバイバルin広島

こちらの記事を覚えてないでしょうか?

エンデューロ

当時はG-NETテージャスランチ戦。今の名は「サバイバルin広島+IRC G-NET」という名前。

当時は「ちょっと憧れる」「でも絶対無理…」なんて思ってました。

あれから7年もオフ車に乗り続けてる訳ですが、とうとう、その動画のレースに出場してきました!

結果から言うと、完走ならず1週の半分超えたぐらいでTimeOut(3時間)によるDNF。

しかし、コースは大変素晴らしい設定で楽しめました。

G-NETは国内最高峰にあたるHardEnduroですが、サバイバルin広島(以下サバ広)の素晴らしいところは「エスケープが設定されている」ということ。

一見「ふえぇぇ無理」みたいなところでも、よーく見回すと難易度の低いラインが遠回りながらもちゃんと有るんですよね。

お陰でウチみたいなレベルのライダーでも、なんとか進めました。

残念だったのは当日が暑すぎて、熱中症にならない様に休んでるウチに時間が来てしまったこと。

次は体を暑さに慣らしてから、また望みたい…そう思えるレースでした。

国内の古い草エンデューロは「競技」というより、主催者側が「どうだ!難しいだろう!ヒッヒッヒ」っていう、ただただ意地悪な設定が多かった様に思えます。

その結果が「トライアルバイクで出たら楽勝やん」っていうコース設定で、人がただもがいてたりバタバタしているだけだったり…。それはそれでお祭りとしてはアリなんですけどね。

しかし最近は、競技として成立させる為に、色々な試行錯誤や趣向を凝らしたエンデューロレースが増えてきている様に思います。とても良い傾向で有り難いばかりです。

 

 

雛祭りHARD ENDURO in スラムパーク出てきました

公式より

去る3/3に雛祭りHARD ENDURO出てきました。

初のHARD ENDURO…とは言え、さわやかクラスという若干難易度が下げられたクラス。それでも出走前は、一周出来るかどうかドキドキでした。

1周目では、下見ミスにより変なところにハマり、そのままクラッチが熱持って進めず、冷めるのを待ったりミスったりで1時間以上。orz

その後は1周20分前後で周回して、結局2時間で3周でした。もうちょっと周回したかったかな〜。

公式より

コースは基本的にはドライで、さわやかクラスということもあり比較的難易度は低め…とは言え、うっかりするとこんな感じにハマります…。

人様の動画ですが、9分あたり左下から画面インしてくる、ウチが映ってますw

所々「待ち」が発生するんですが、ガンガン行く人は難しいラインから待ってる人をどんどん抜いていくんですが、待ってる人同士でこんな風にだべったり、レース中ながらまったりした感じ。

この動画のヒルクライム箇所、1回失敗して下った時に、右シュラウドがもげたんですが、見ず知らずのギャラリーのにーちゃんに預けて「その辺置いといて良いから!」って言ったんだけど、きっちり本部に届けられてました。ありがたや…。

HARD ENDURO界隈ではBetaの人気が高いんですが「Betaならイケルイケル!」とか励まして貰ったりw で、順位関係無く、走ってて楽しかったです。


初めて参加して思ったことは、とにかく「若い人の熱気を感じる」ということ。

JNCC/WEXのクロスカントリーエンデューロ界隈だと、参加者の年齢層は高めなんですよね。ロードに何十年も乗ってて最近オフロードに目覚めたおっちゃんとか、昔モトクロスでぶいぶい言わしてたおっちゃんとか、トライアルやってた超絶テクニックのご老公とか…。

でもハードエンデューロだと、若い人が主役。20歳代とかゴロゴロ居る。

若い人にとって、ハードエンデューロは「かっこいい」らしい。

国産トレールバイクじゃさすがに重すぎて厳しいんで、皆が裕福というわけではない中、中古のモトクロッサーを弄ってエンデューロ向けにしたり、イヤッッホォォォオオゥオウ!して外車レーサー買ったり、安いからと比較的扱いの難しい2st125(YZ125X)買ったりとか…。

まぁなんというか、若い人の熱気があると言うことは、このご時世では凄く貴重だし、文化として健全でしょう。

一方で50歳代でも魔人の様に速い人もゴロゴロ居て、エンデューロとは、なかなかに層の厚い競技みたいで、やってて良かった感をひしひしと。

 

2017WEX-W戦績

120minレース総合の比較

120総合

こんな感じでレース結果のタイムと順位を,Topとの比率で出していました。BestLapと平均タイムの差が大きいときは,だいたい転倒が多いか,渋滞に巻き込まれていたりします。
R2阪下で膝の靱帯痛めたんでR3は休場してマス。
R6の後,ハスクがアボンしたのでRR4T185LCで参戦したR7ですが,順位そんなに落ちてないのが解せない…。ハスク使いこなせてないやん…。
解せないのが順位。R6とR7で上がってるけど,タイムは低調なまま…はて?


120Cクラス限定での比較

120C

あらためてCクラス限定(速い順からA/B/Cとクラス分け有り,一緒に同じコースを走る。)で計算し直したらこんな感じ。R6/R7でタイム上がってるやん …。
WEXはJNCCよりもビギナー向けという位置づけなんですが,ちょいちょJNCCで通用するような人がスポット参加して総合トップをぶっちぎりで掻っ攫っていくという事がままあります。
要約すると「総合Top速すぎ」。因みに,B/Cクラスは総合優勝すると上のクラスへ強制昇格です。
とは言え,JNCC/WEXの「10位までを上限とし出走台数の30%」という緩い条件ながら,結局一度も表彰台に上がれませんでした…。1回だけ「あと一人抜いたら表彰台」とか有ったんですけどね…。
R7の総合タイムが悪いのは,理由は明白です。
1周目の渋滞で11分も止まってりゃそりゃあね…。(‘A`)


阪下は走り慣れて得意なんだけど…

総合Topとのタイム比で90%くらいあるのに,順位は散々。みんな速すぎるよ!


暑さとの戦い

R4とR5の成績が悪いのは判ってます。「暑かった」んです。R4が6月,R5が8月。どちらも標高1,000m超える高地でしたが,それでも「暑い」。
だいたい,気温25℃超えると,走行中に人間のほうがオーバーヒート(熱中症)してくる模様。
もともと暑がりで,冬場の気温ヒトケタの屋外でも,バイク整備してたら汗かくくらい。しかも,夏場はクーラーの世話にばっかりなってる身としては,暑さは非常に辛い…。
クーラー控えて暑さに慣らして…なんとかなるんか?


来期に向けて

毎度思うのが「阪下のペースでほかのコースも走れたら,もっと上狙えるんじゃね?」と。たまたま出場した某ハッピーファンでは,わりと良い線行ってたんだけどなぁ…。
新マシンを新調して来期に臨むつもりだったんですが,大韓航空のクソ対応のせいで,未だ納期が未定…。(‘A`)
とりあえず,まずは基本に立ち返り「目線を遠くへ」かなぁ。