N-VANターボのCVT

1年以上乗って、ようやく扱いが分かってきた感じです。

NAだとまた違ったんでしょうけど、ターボだと乗り方によって燃費が大幅に変わるんですよね。

比較的渋滞が少ない街乗りで、エアコンONで燃費10~11km/Lだったのが、ようやく13~15km/Lくらいをコンスタント出せるようになりました。

ゆっくり加速はパーシャル

MTも普通のステップATも、アクセルの踏み加減と車速って比例するもんだったと思うんですが、CVTの変なところはアクセル一定でいつまでも加速するということ。

アクセルの踏み加減=エンジン回転数に近いみたいなんですが、踏み込んでから踏み加減に応じたエンジン回転数に達したら、それ以上アクセル踏まず戻さず一定に保っていると、回転数一定のままどんどん変速比をあげて車速を上げようと制御が働きます。

実際には、そのエンジン回転数の出力と、走行抵抗が釣り合う限界まで加速しようとします。

なので「速度=アクセル」の感覚で、燃費運転のために「目的の速度まで、じわ~と踏み込んで加速」とかすると、あっという間にオーバースピードになってギクシャクする始末。

発進時は素早く少しアクセルを踏み込む

単純にじわーとアクセル踏み込んで加速しても、ただただトロいだけで燃費もよくない様です。

MTの時のクラッチミートの要領で、すっと2千回転くらいまで踏み込んで、あとはアクセル一定にすれば、回転数維持したまま燃費に良い感じに加速してくれます。

高速道路で加速する時はアクセルを戻す

グッとアクセル踏み込むと、とにかくエンジン回転数を上げるべく制御が働くので、変速比は上がらず(寧ろ下がってる?)、ただただエンジンの回転数が唸るばかりで車速はあんまり加速しません。

エンジンの回転数が一定以上に上がってから、ちょっとだけアクセルを戻すと一気に車速が加速します。

アクセル戻すと、制御として変速比を上げようとするので、その時に一気に車速が乗る感じです。アクセル戻しながら加速って、正直気持ち悪い物はありますが。

こういうのがCVT嫌われる所以なんでしょうね。

ecoモード制御

ここまで書いて「CVTってそんなに扱いにくいもんなんだ?」ってイメージになりがちですが、燃費や細かい操作感を気にしなければ、とっても楽。
(※燃費に関してはNAならほとんど影響ない…と思う)

デフォルトではecoモードというのがONになっていて、とにかく加減速を「ぬるぬる」にする制御が入ってます。

アクセルの操作に対するダイレクト感が皆無なんですが、日頃の買物に使う足車としてはこれが凄く良い。

MTのバモスの時、20〜30km/hで生活道路抜ける時って、それなりにアクセルワークとかクラッチワーク気にしてた訳なんですよ。

それが、テキトーにアクセル踏んでもスムーズに加速。うっかりアクセル踏みすぎてもほとんど反応しない。自宅近所の生活道路を縫うように移動する時には、その「ヌルさ」が凄い楽ちん。

まとめ

まとめると、N-VANターボのCVTは制御として(NAは知らんので)、

  1. じわっとアクセルを踏む→ギリギリまで低い回転数で車速を無理に上げようとする
  2. 素早くアクセルを踏む→車速よりも、とにかくエンジン回転数を上げる事を優先
  3. アクセル一定→エンジン回転数が所定に達したら、以降は限界まで変速比を上げようとする
  4. アクセル素早く少し戻す→直ちに変速比を上げようとする(車速は上がる)
  5. アクセルをじわっと戻す→車速一定のまま、回転数落としつつ変速比をじわっと上げようとする
  6. アクセル全戻し→変速比を上げながら車速一定、一定時間経過の後にごく緩いエンブレ

とまぁ、こんな感じ。ダイレクト感とか操作感もかけらもなし。まぁ商用車グレードだしねw

実質的には、長距離とか高速道路では、ACC任せで自分でアクセル踏まないからあんまり関係なかったりします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。