病院とは意思を持って付き合わないといけないみたい

先日、プレミアムフライデーなにそれ?って感じで、じゃぁ残業がんばるかねーって頃に、施設から電話。親父様が夕食後に意識失って倒れ、救急搬送したからすぐに来いと。
結局、脳卒中の後遺症としてのてんかん発作で,駆けつけた頃には意識も戻ってました。救急の当直医曰く「(脳卒中後)なんで脳神経の専門医に掛かってないのか?」と(誰もそんなこと教えてくれない)。すぐに診て貰うようにと,とりあえず「3日分だけ」てんかん薬を処方される。
で、そこからが大変でした。

  • A病院 救急で行った所。施設すぐ近く、てんかん外来(脳神経内科)あり。ここ受診したい。
  • B病院 脳出血で手術した病院、脳神経外科のみ。施設から遠い。
  • C病院 施設提携の一般内科&なんちゃって外科の開業医。施設への往診での定期検診と薬の処方がメイン。

A病院に外来で行くために事前に電話で確認したら、B病院の紹介状を取ってこいと言われる。
紹介状について,B病院の事務に電話で確認したら,とにかく一度受診しにこいと。紹介状は自分で担当医に直接言えと丸投げされる。
B病院に連れて行くために親父様を施設へ迎えに行ったら、A病院の救急で「3日分だけ」でもらった薬が、施設の看護師とC病院の判断によって30日分追加処方に。で、親父様は副作用で大不調。とにかく眠そうで昼間からずっと意識朦朧で物置化一歩手前。施設の看護師に訊いても「そういう薬だから仕方ない,飲まなきゃダメ,投薬管理はC病院で十分」と言う。
B病院に行ったら「あー、その薬だいぶ時代遅れだから。」でイマドキの新しい薬を処方して貰い、前の薬30日分捨て捨て。その後、新しい薬で顕著な副作用無し。
紹介状持ってA病院で受付するなり「今現在症状が出て無いなら、提携クリニックの紹介になりますよ?」とか。たらい回し感満点。紹介前提でいいから,とにかく一度は見て欲しいと食らいつく。紹介でもなんでもいいから,とにかく投薬放置プレイじゃなくて,脳神経内科の「専門医」に診て貰いたいんだ。
脳神経内科希望するも「紹介状に『脳神経外科』って書いてるから、受診は脳外科に変更しますね」と。お、おぅ。10分後「やっぱり脳神経内科で見ます」だから言ったやん…。
門前払い覚悟で受診したら,先生曰く「うちで診ますよ。てんかんの症状詳しく知るため,次回診察までに,まずはMRIと脳波とりましょう(どちらも今まで一度もとったこと無い)」前の薬と新しい薬,それぞれ何日から何日まで飲んでたかなど事細かに訊かれ,新しい方の薬を継続処方してもらう。
はぁぁ,ようやくココまでたどり着けた。

“病院とは意思を持って付き合わないといけないみたい” への2件の返信

  1. 実際,どこもそんなもんなんだろうねぇ。
    幸いに自分が病院に関わる事が少なかったから,知らなかっただけで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。