買ったものまとめ

『ギリギリアウト1』(ソウマトウ)

女の子が我慢しきれずに漏らす話。同系?の「いいなり! あいぶれーしょん」が強烈すぎて,いまいちインパクトに欠けてしまった感じ。
『女の子が死ぬ話』(柳本光晴)

単行本2冊分くらいありそうな厚みで,たっぷりの量の読み切り。死ぬまでと死んでからの話が半々くらい。話にタイトルほどの意外性は無いけれど,淡々ながらも緻密な感じの描写。嫌いじゃ無い。
『おまえはまだグンマを知らない1』(井田ヒロト)

絵は勢いあるように思うんだけど,読んでみると肩すかし感。残念。
『月の珊瑚1』(佐々木少年)

買ったのはコミックのみ。コミックとセットの坂本真綾の朗読CDが出てて不思議に思ったけど,どうやら朗読の付録がコミックっぽい。確かにこの内容は朗読でじっくり聞いてみたくなる,そんなお話。
『魔法使いの嫁』(ヤマザキコレ)

あー,あー,あー。久々のアタリかも。世界観やら緻密な絵やら癖のある登場人物やらストライク。話毎の扉絵が,ラノベ全盛以前のファンタジー系ジュニア小説の挿絵を彷彿とさせてる感じがまた良い。それでいてセカイ系じゃなくてちゃんと人と人(および人外)のお話。
『ちーちゃんはちょっと足りない』(阿部共美)

「ちーちゃん」というかなり足りてない感じの子が出て来て主人公っぽいんだけれども,実はちーちゃんといつも一緒に居てちーちゃんを気遣っている,普通に見えるけど実は普通からちょっと足りなくて自覚もしてて苦悩してるんだけれども周りからは普通と区別付かなくてその苦悩にも気付いてもらえないというさらに苦悩,みたいな。阿部共美いいわぁ,ダークで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。